旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

G-STYLEの周囲に集まるイカシた単車をピックアップ!!①

2017/12/01

COLUMN

単車&暴走族関連記事

主にFRPパーツを多種多様に扱うショップ、G-STYLEの周囲には若い単車乗りが集まる。なかから、コレはという単車をピックアップ!! まずは5台をご覧ください!!

※画像をタップし、スライドすると詳しいパーツが見れます
CB400F/G-STYLE/G-STYLE
Gスタイルで現在、普段使いで使用しているヨンフォア。商品開発のために購入したが、今までとはひと味違う乗り味にハマッてちょこちょことイジっているのだとか。黄色の純正タンクにアンコ抜きシート、アルフィンのサイドカバーやヨシムラ集合管など、当時風の大人な改造。そんななかでアゲインのスイングアームがオリジナリティーを主張するあたりがまた、さらに大人っぽいではないか。


GS400/G-STYLE/G-STYLE
こちらも純正Eライン外装で渋くキメたGS。タンクのラインに合わせてフレームを赤で塗装。アルフィンのサイドカバーやタックロールのシートはタンク本体の色に合わせて黒に。エンジンのシリンダー部分も赤と黒に塗り分け。大人っぽい。バランスのいいGSが、さらにバランスよく見える。


CBR400F/おかじ/OVERLAP EDEN
CBRにも黒×赤のカラーリングはあるが、そうではなく、CBXⅡ型の赤×黒をアレンジした色のパターン。本来は赤と黒の位置が逆だが、むしろバランスよく収まっているようだ。フロントフェンダーは3分割のGフェンダー、テールカウルもBEET製よりハネが長めのGテールを装着、BEETのアルフィンカバーとも相性よく収まっている。 CBX400FF/G-STYLE/G-STYLE
Ⅱ型純正の赤×白外装カラーを活かしたCBX。車体自体ももちろんⅡ型で、ホイールなども当時のままだ。フロントフェンダーのGフェンダーは塗装面が広く、ご覧のようにフェンダー上でⅡ型カラーを表現することも可能。まだまだ多様な可能性はありそうだ。そしてテールカウルがG-STYLEの新作、『ちょいショートテール』だ。いずれ改めてご紹介させてほしい。それだけ面白いアイテムなのだ。


JADE/狼牙/王覇乱舞壊楽園
メいっぱいのケツ上げ、さらにはフロントもググッと持ち上げて高さを出したJADE。なんとも若さ溢れる元気な仕様だ。デュアルのフロントカウルもちょい高め、ハンドルはCB1000ハンドルを装着と、とにかくゴツく、派手に。タンクはもちろん、フレームやエンジンのカバー類に至るまで、可能な限りの場所にラメ塗装を施している。



TOP