旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

2017/08/10

GRAVURE

CAFE&OLD STYLE

【CAFE&OLD STYLE】 KAWASAKI Z400FX~バランスのいいまとまりのなかで様々なレアパーツをチョイスした耐久レース仕様のカフェ~

耐久レース・スタイルを標ぼうするスタイルは、カフェレーサー・ブームのなかでも人気のスタイル。これを、パーツのチョイスで品よくオシャレにまとめ上げたFXを紹介したい
カフェレーサーとひと口に言っても、スタイルはさらにいくつかに分かれる。まず、発祥の英国式を範としたロッカーズのスタイル。日本でも一世を風靡したSRベースのカフェレーサーは、このカテゴリーに入るだろう。カウルレスなスタイルが多く、見た目もクラシカルにデザインしがちだ。

70年代になるとこれがさらに進化し、ロケットカウルにシングルシート、バックステップを装着したスタイルが誕生。一般的には、この時代の単車をイメージしたカスタムが多いのではないか。ちなみに、旧車會でいうロケットカウルはフルカウルやハーフカウルの総称として使われることが多いが、ここでいうロケットカウルは、文字どおり砲弾のようなタイプのものに限定するのが通例だ。

そしてもうひとつが、耐久レース仕様ともいうべきデュアルライトのカウルを装着したスタイル。カフェレーサーという概念のなかの、カフェの要素が強かったのが60年代なら、レーサーの部分がより強くなっていったのが、70年代後半からのスタイル。ここに紹介しているFXが、まさにこの耐久レース仕様なのだ。

装着パーツがまたすごい。ヒロセのデュアルカウルにセレクトのタンクシート、BEETのキャストホイールにコニーのリアショックなど、ほぼフルコースといっていい装備だ。なかでもパーツマニアのスタッフが興奮気味に語っていたのが、ヤマモトレーシングのアルミマフラー。“弁当箱”と呼ばれるこのタイプのマフラーは、滅多に見ることないもの。こうしたパーツのひとつひとつに凝るのが、カフェスタイルのだいご味でもあるのだ。


【車種】カワサキ Z400FX
【ハンドル】GOOD-MAN
【ホイール】BEET
【カウル】ヒロセ デュアル
【リアショック】コニー
【スイングアーム】ウエダレーシング
【スタビライザー】デイトナ

TOP