FIELDSIDEとアヤシイ(!?)仲間たち 中国 / 島根

2018年3月4日

島根のショップ・fieldsidyに集う仲間たちのパート2! 三段シート装着の「ザ・旧車會仕様」の単車に集まって頂いた。今回は4台の紹介にとどまったが、島根の旧車會はずっと元気!! これからも日本の改造文化を後世に伝えていってください!!

MEMBER(メンバー)

金津友樹(SUZUKI GS400)

白×黒のツートンに赤の2本巻きラインが映える。コントラストが強く、印象に残りやすいカラーリングだ。ロケットと三段シートのバランスや三協オートのデュアルサイクロン、YYのアキラハンなど、神奈川を意識した仕様。関東のGSを見るようだ。GSXの足回りでセブンスターキャストにダブルディスク、ウエダレーシングのスイングアーム、オーリンズのリアショックと、隙の無い改造。ペイントは神奈川のキャンディライフ。なるほど神奈川だ!

本人コメント:楽しいツーリングをすること
所属チーム:魔風

キー君(SUZUKI GS400)

キャンディーブルーのEラインが目に鮮やか! 外装は綺麗に手入れされているが、全体的に族車仕様でフロントシングルにセブンスターキャストを履かせ、ドッカン風防にアップハン、メガホンタイプのクロス管、チョビサンなど、全体の統一感が取れている。リアショックはカヤバ。外装に合わせて風防もブルーにしていたりと、細部にまでおしゃれ心を欠かさない。

本人コメント:記載なし
所属チーム:島根

カナモリ(SUZUKI GS400)

リーゼント風防だと、つい目が行ってしまうのはなぜだろう? Eラインの内側にゴーストファイヤーを隠している、凝ったつくりのGS。ペイントは広島・マイロードに依頼した。Hリムのスポークホイールは、あえてのシングルディスク。ヨシムラ管、BEETのアルフィン、カヤバのリアショックなど、随所に手抜かりナシ。三段シートもブラックとアイボリーのツートンで軽快なイメージを演出している。

所属チーム:エンドレスナイト

けんご(HONDA CBX400F)

トリコロールのユーロラインが美しい。外装は茨城のペインター、マーズの作。マフラーは神奈川・キャンディライフのプロタッチ。となれば当然、コール派なのだろう。ほどよい高さで人気のVFハン、シートはカワグチの三段45センチ延長。フロントフェンダー、アルフィンカバー、テールカウルに連なる一連をBEETでまとめつつ、コルク半もボディと同色、同ラインでまとめるとかオシャレなのだ!

本人コメント:たかさんいつもありがとうございます!
所属チーム:美狂塾

-

© 2022 i-Q JAPAN