極爺麗心愚 関東 / 神奈川

2019年11月4日

関東の老舗旧車會チーム・極爺麗心愚。どんどん進化し、世代交代も進んでいた! 若き旧車乗りたちの改造単車を見よ!

MEMBER(メンバー)

三代目極爺リーダー(HONDA CBX400F)

本人コメント:極爺一同!よろしくお願いします!
所属チーム:極爺麗心愚

???(HONDA HAWKⅢ)

フルカウル装着のNバブは、アウトラインを残したファイヤーパターンが印象的。フロントフォークのボトムケースやステップ、三段シートのパイピングなど、黄色の効かせ方がまた上手い! 自慢はこのバブをイチから組み上げたこと! 逸れたはしかに凄い!!

本人コメント:極爺麗心愚一同よろしくお願いします
所属チーム:極爺麗心愚

???(HONDA HAWKⅢ)

ノーマル感を大事にしたというNバブは、外装がスーパーホークⅢ!エンジンも黒、ホイールも黒というスーパーホークⅢ仕様だ。とことんまでやり過ぎていないのもまたいい。車体に合わせて三段シートもブラウン&白のツートンカラーに。

本人コメント:これからも頑張っていきます
所属チーム:極爺麗心愚

???(HONDA HAWKⅢ)

一番の特徴は1メートルの特大三段シートだけど、よく見るとスポークホイールだったり、タマゴのエンジンだったりと、色々と面白いことをやっている! マフラーのサビ具合もいい感じだ。

本人コメント:極爺麗心愚これから盛り上げていくのでよろしくお願いします!
所属チーム:極爺麗心愚

???(HONDA HAWKⅡ)

逆車のバブもタンクのカラーを活かしながら全体をまとめていくと、バブらしいどっしりとした仕上がりになるモノなんですね。メガホンマフラーやサンパチテールなど、手を加えるべきところには手を加えています!

本人コメント:ツーリングで会ったらよろしくお願いします!
所属チーム:極爺麗心愚

???(HONDA HAWKⅡ)

不良の色、紫と黒のツートンカラーが際立つ角タンクのバブ!タンクのファイヤーパターンもさることながらフレームやスイングアームやボトムケースのムラメタが印象を強めてます。さらに言うと、随所の赤が効いてます!

本人コメント:よろしくお願いします!
所属チーム:極爺麗心愚

???(SUZUKI GSX250L)

純正カラーをほぼそのまま残しているアメザリは、旧車會でもかなり珍しい存在じゃないだろうか。本人も純正らしさが残っている点は気に入っているようだが、今後どう変わっていくかも楽しみではあります!

本人コメント:よろしくお願いします!
所属チーム:極爺麗心愚

???(HONDA HAWKⅡ)

ブラックエンジン搭載のTバブは、自身でイチから組み上げたという自慢の一台。ラメラメの外装からグラデの三本巻きも、ひょっとすると自作ですか? ウルトラマンカラーの三段シートやケツ上げのサンパチテールなどにも愛を感じます。

本人コメント:ツーリングで会ったらよろしくお願いします!
所属チーム:極爺麗心愚

???(SUZUKI GSX250Eザリ)

本人コメント:よろしくお願いします
所属チーム:極爺麗心愚

???(KAWASAKI ゼファー)

改造パーツも多く、アレンジしやすい上に乗りやすく故障も少ないとあって、若い世代には圧倒的に人気の高いゼファー。そしてこちらのゼファーはラップ塗装を用いた平成の改造単車。コルク半もラップ塗装で統一感を演出している。

本人コメント:ゼファーよろしくお願いします!
所属チーム:極爺麗心愚

-

© 2022 i-Q JAPAN