プレイファクトリー/山口

山口県内をはじめ、九州地区の若者からも多くの支持を集めているプレイファクトリー。塗装・カスタムとも様々な方向性でニーズに応えてくれる、頼りになるショップだ。

そのプレイファクトリーに集う仲間たちを今回はピックアップ! どれも見どころ盛りだくさんのバイクばかりだ。

MEMBER(メンバー)

みさぴ~♡(KAWASAKI ZEPHYRχ)

かなり気合が入ったゼファー。ラメのベースにキャンディーピンクを乗せて、タンクやフルカウル、前後のフェンダーやサイドカバーなどの外装全体にサンダーラインをプラス。フルカウルの顔面はシャークマスクと、かなりイカツい。ただ、目がハートになっているのは女子の単車らしいてカワイイ。ホイールやボトムケース、スイングアームなどを赤で塗装しているのでグッと引き締まって見える。グリップも赤で揃えているのがオシャレ!

所属チーム:ちびっこたちコケ隊
一言コメント:人は裏切るけどバイクは裏切らない!

ゆりくん(HONDA CBR400F)

白ベースに赤で縁どりされたムラメタが印象的なXJR。プレスラインに沿って描かれた縁どりのラインはオリジナルで書かれたもので、他者と被る心配が無い。 フルカウルの両サイドにはカスタムを担当した「ガレージプレイ」のロゴをペイント。サイズ感もグラデーションの具合もなかなかオシャレだ。

チームるいとも
一言コメント:類は友を呼ぶ!

〇〇君(KAWASAKI ZEPHYR)

時おり見かけるゼファーのYSP仕様。銀ラメ地にキャンディーレッド&ピンクの2色使いが印象的だ。ハーフカウルは高すぎず低すぎずの走りやすそうなバランス。外装以外の部分は黒地に赤のラインを多用している。コントラストが強く、放射線状に伸びる直線は足回りに力強さを加えている。カウルの外から回したアクセルコードもいい感じだ。ちなみに、名前は書き忘れたのではなく元から「〇〇君」だ。

一言コメント:たかしげマジ卍

辰ポーン(HONDA HAWK2)

黒とピンクを基調にしたカラーリングが鮮やかなバブ。夜の闇にまみれると、なお一層ピンクの鮮やかさが強調される。全体的に純正のシルエットを残した仕様ではあるが、エンジンはキック無しの黒エンジン。ということはスーパーホークⅢのエンジンってこと? リアはケツ上げしてサンパチテールを換装。アルフィンのサイドカバーは意外に珍しいもの?

所属チーム:川中連合
一言コメント:児玉だよ!

カリBR(HONDA CBR400F)

外装や足回り、エンジン回りはほぼ純正のまま。スターターカバーがBEETに換装されている程度だが、その他は色々と手を加えている。風防は黄ばみ具合やステッカーチューンからも、かなり古いものなのがわかる。ハンドルのスイッチボックス類はCBX用に換装、マフラーもサビが浮いた状態の古いもので、コールに特化した仕様となっている。

一言コメント:I lOVE 下関!

プレイファクトリー(KAWASAKI ZEPHYR)

銀ラメのベースにボカシの2本巻きは、ある意味ゼファーらしい元気な仕様。ピンクの風防にピヨピヨ付きのフォグなど、全体にカラフルなのも好印象だ。ただ、フロントフォークは倒立、ハンドルもロボハン?に交換して操作性能を高めている。現行車に倒立フォークの組み合わせはかなりレアで、これだけでも注目に値する仕様だといえるだろう。

一言コメント:下関盛り上げます!

おーたん(SUZUKI GT380)

システムとしても形状としても、かなり特異なジャンルにあるサンパチは熱狂的なファンが多くついているバイクでもある。それゆえ「サンパチに合った改造を、どう加えていこうか?」と考えるファンもいれば、「このサンパチをどう維持しようか?」と考えるオーナーもいる。おーたんさんは後者のようで、換装されいているパーツはシートとマフラーくらい。あとは純正を保っている。オイルの汚れも少なく、日ごろから手をかけているのが伝わってくる。

所属チーム:川中連合
一言コメント:性病感染注意。彼女募集中!

金ちゃん(KAWASAKI ZEPHYR)

外装全体が漆黒のカワサキとくれば、昭和のオジサンたちは「おお爆発ルックか」となるんだが、恐らくそんなことはどうでもいいことだろう。ポイントとしては角目のヘッドライト&フォグと真っ赤な三段シートだろう。垂れのヨレ具合を見ると、風防はかなりの年季モノか。ハンドルはアキラハン、マフラーはイノガニ管を装着。金色のBEETのスターターカバーとエンジンガードが絶妙なアクセントとなっている。

所属チーム:川中連合
一言コメント:マジ卍!!

マイ(YAMAHA XJR400)

メインカラーがピンク♡の、女子力高めのXJR。このくらい徹底してくれていると見ていてもワクワクするというものだ。タンクやサイドカバー、前後のフェンダーにはキャンディーブラック&レインボーラメと銀ラメを塗り分けて、銀ラメの上からボカシの三本巻きを加えた。ホイールのリムはアルマイト加工でキャンディーピンクを、三段シートには黒のパイピングを加えたショッキングピンクを配して、ピンクの濃淡で立体感を作った。ハンドルやスターターカバーのピンクも奇麗。

所属チーム:川中連合
一言コメント:人生楽しみます♡

とら(YAMAHA XJR400)

おそらくまだかなり若いオーナーさんのようだが、それでこのシブいカスタム! 恐れ入りました。タンクや前後のフェンダー、フレームなど外装はほぼ黒で統一。そこにホイールのリム、スポークやシリンダーヘッドカバー、オイルクーラーの両サイド、スターターカバーなどを白で塗装して差し色に。全体をモノトーンにすることで、ゴールドのパイピングやリアショックの赤などが生きてくる。ケツ上げしたテールはCBX風にアレンジして変化を持たせた。

所属チーム:ワタカベJAPAN
一言コメント:ちゃんねね愛してる~!! 脱!メタボ!!

りく(HONDA CBR400F)

CBRのフロントフォークに見慣れない物体が。TRACというこのパーツ、CBRのF-3に装着されていた、GSXのFSなどについていた「ANDF(アンチ・ノーズ・ダイブ・フォーク)」と似たようなもの。急ブレーキでフロントが前に突っ込みすぎないように制御する機能だ。フレームやタンクの外装からも元々のベースはこのF-3だったようで、純正状態でシングルシート&カウル付き。サイドカバーやシートカウルがバラバラになっているのも、このため。いずれ外装は塗装する予定で、現状はその過渡期ということなのだ。

所属チーム:ワタカベJAPAN
一言コメント:コール頑張ります!

たくみ(YAMAHA XJR400)

先ほどもモノトーンのバイクが出てきたが、こちらは白の分量を多くして、よりコントラストが強いメリハリが効いた仕様になっている。タンクやテールカウルの、ラインを上手く駆使したカラーリングはすべて自家塗装によるものだとか。かなり根気のいる作業だったことだろう。三段シートは側面すべてを白にしたことで、全体のバランスがかなり良くなっている。

所属チーム:ワタカベJAPAN
一言コメント:彼女作ります!

あったん(KAWASAKI ZEPHYR)

コメントの超力強さとは裏腹にかわいいポーズで登場したオーナーだが、バイクカスタムはたしかに現役感のある勢い重視のそれだ。ペパーミントグリーンの単色ソリッドにゼッケン、そしてフレームとチンチラのシートの組み合わせは、ある意味で目を引く。ライトアップやエビテール、風防のボンボンなど、若者の力強さを感じる。ハンドルグリップの黄色は、センスを感じるワンポイントだ。

所属チーム:ワタカベJAPAN
一言コメント:昭和の暴走は俺一人だぜ!

-

© 2021 i-Q JAPAN