TEAM坪井とゆかいな仲間たち 関東/ 茨城

2019年7月11日

旧車會の顔役・坪井氏を慕う関東各県の旧車乗りが、チームの枠を超えて集まってきた!仕様も様々で、それぞれの違いを見比べてみるのも楽しいぞ!

MEMBER(メンバー)

たつや(HONDA CBX400F)

青×白のCBX……というより、青×白のCBXをモチーフにしているといった方が正解か。純正カラーよりも明るめのブルーをベースに、全体にギラギラのラメを噴いている。フロントフェンダーにスタビライザー、テールカウルなどはBEETで統一。ホンダ車からのハンドル換装が多いCBXに、コミネのフルカウル&アップハンのコンビネーションは、ひときわワルく見える。オイルクーラーやキジマのエンジンガードは大人のたしなみ、といったところか。

本人コメント:話変わっちゃうよ~!!
所属チーム:逆卍

おさむ(HONDA CBX400F)

こちらの外装は、旧車會の黎明期に人気だった名工房・クロスロードのペイント。今はショップ自体がないので、幻のペイントというわけだ。ユーロラインの内側にファイヤー、そしてクロスロードお得意のラップ塗装が施してある。ハンドルはVFハン、マフラーは雷管。後世に残していきたい車両だ。

本人コメント:毘沙門天 ヨロシク
所属チーム:八千代毘沙門天

しゃこめん大&おりか(SUZUKI GS425L)

人気の単車・GSのLをワルく攻めた仕様のバイク。どっかん風貌、社旗棒、三段シートと雰囲気はまるで現役。銀ラメからキャンディーパープルへのグラデーションもシブいが、そこに加えたラッパラインのハズシ具合もカッコいい。フロントはHリムのスポークホイールにダブルディスク。リアはウエダのスイングアームとマルゾッキサスで強化している。着用の特攻服は、もちろん現役当時のものだ。

本人コメント:ごじゃっぺ最高でしょ?
所属チーム:共友旧車會

なかっちゃま君(HONDA CB250T)

マットな日章柄タンクが印象的だが、その中心にあるのはまさかのおぼっちゃまくんならぬ「なかっちゃまくん」! これはかなりインパクトが強い!コルク半の両側にも同様のペイントが入っている、オーナー氏のトレードマークなのだろう。どっかん風防とアップハンのバランスも最高。マフラーのクロスメガホンもカッコいい。

所属チーム:ロードトリップ

TAKA(SUZUKI GS400)

某ショップスタッフが思わずうなったGSがこちら。パッと目に付く足回りは、フロントがGS750用のタイヤ&セブンスターを装着し、ダブルディスクも750用を取り付け、キャリパーもダブルでブレンボに。リアもディスクブレーキに換装して、キャリパーサポートをワンオフで製作し、こちらもブレンボのキャリパーを組んでいる。

さらに凄いのが、CBX用のインナーチューブ。三又やボトムケースも35ΦのCBX用に合わせてを加工して装着しているのだ。さらにエンジンをOHして、450にボアアップ。走りに関しては全く心配がいらないという。

本人コメント:よろしくお願いします
所属チーム:ロードトリップ

パコパコ(SUZUKI GT380)

埼玉の旧車乗りのあいだでは支持率の高いヤラレの外装をまとったサンパチ。全体的にはシンプルにも映るが、社旗棒にピヨピヨ、アップハン、約80センチの三段シートと、ポイントを押さえた構成となっている。

そこに「尊王愛国」の文字と日章の意匠は、嫌が応にも目を引く。マフラーは先端が真ちゅうのキングロングを装着。甲高い2ストサウンドを満喫している。

本人コメント:エンペラー気合い!

えっちゃん(SUZUKI GSX)

風防、三段シートのバランスがお見事な、神奈川仕様のザリ。タンクの外装は純正基調と、現役っぽいワルさを感じさせる。風防はアサヒ風防の当時もの。絞りのアップハンとも絶妙なバランスを保っている。全体をシンプルに抑えた分だけ、タンク上面のチームロゴが際立って見える。マフラーはちゃって管。味があるスタイルだ。

本人コメント:よろしくお願いします
所属チーム:ロードトリップ

けいたろう(HONDA CB)

気持ちいいくらいの赤と金! 相性バツグンなこの2色を使ったファイヤー外装が、嫌が応にも目に入る。赤ベースに金のファイヤー、さらに金ラメまで噴いているのでギラつきがヤバい。キジマタイプのフルカウルは、60センチ延長の三段シートともキッチリ高さを合わせている。マフラーは無銘らしいが、この独特な風合いはブランド品にも劣らない味わい深さがある。

本人コメント:女募集!
所属チーム:ロードトリップ

白石薫(YAMAHA GS400)

ヤマハの伝統的なデザインであるストロボラインを取り入れたこちらの単車は、なかなかレア度の高いGX。RZが登場する前のヤマハを支えた名車だが、旧車會ではかなり希少な存在だ。純正の外装に合わせたフルカウルのデザインがお見事! オーナー氏はステッカーマニアのようで、カウルの上面や三段シートには友好チームのステッカーがびっしり貼られている。

本人コメント:よろしくお願いします
所属チーム:ロードトリップ

とものわ船團(KAWASAKI Z250FT)

遠目からみてもハッキリと「カワサキのバイク」と認識できるライムグリーンで、しかもSSに多用されているレインボーラインの単車が、実はFTという仕様。これはインパクト大。音が気に入っているツイン管とCBXの1000ハン、リアショックのカラーリングがイエローで、柑橘系の爽やかさだ。

本人コメント:とものわ船團10周年ありがとう!!これからも宜しくお願いします

圭佑(HONDA CBX400F)

以前i-Q JAPAN内で調査した「2017年度旧車會人気車種ランキング」で2位を誇るGSが、ここ宮城でも登場だ! シンプルにまとめたカスタムペイントに三段シートは、ライトなカスタムにも見えるが、細かいパーツのセレクトに緻密な計算がうかがえる。純正のパーツをMIXすることで大人の雰囲気を演出しているぞ!!

本人コメント:持ってきちゃいましたー
所属チーム:ロードトリップ

南(SUZUKI GS400)

自慢は完全オリジナルのEライン外装。塗装されがちなGSのタンクやシートカウルのオリジナルは今や希少。タイヤは星キャスでなく、あえての初期型のスポーク。さらにマフラーはマービングの当時モノ。ヘッドライトまわりはシンプルながら、見る人が見たら分かる、渋い仕様となっている。

本人コメント:特になし!
所属チーム:373レーシング

けいた(YAMAHA XJ400)

パッと見ではなんの車種かよくわからないが、これがフルカスタムしたXJ。ヒロセのデュアルハーフカウル、タンクやシートカウルはセレクトというルックスに、CRキャブ、タロッティのバックステップ、無銘のレース用集合管、マルゾッキのサス、トマゼリのセパハンなど、レース用のパーツを随所に盛り込んだ、走れる仕様。外装のダンロップカラーもレーシーだ。

本人コメント:記載なし

りょう(HONDA CBX400F)

ラメッラメの外装にキャンディブルーのファイヤーパターンが鮮やかなCBX。さらに80センチの三段シートは、バッチリきまった旧車會仕様。ホイールはⅡ型、フレームやボトムケース、フロントカウルの内側など、随所に取り入れている赤が鮮やかだ。ハンドルはあえてのトロピカルハン、ハンドルクランプをかませて使用している。

本人コメント:ツーリングで見かけたらお願いします
所属チーム:ロードトリップ

亮(SUZUKI GS400)

筆文字の「南無阿弥陀仏」が目を引く、日章のヤラレ仕様。トンガリフェンダーにビーキャス、ハス切りのワイズ管、ゼッツーテールにジャパンテールというGSらしい仕様ながら、ヤラレの統一感が生きているので、ほかとは全く違った印象を感じることができる。三段シートの生地は、もう少し汚れてもいいのかも(笑)。

本人コメント:よろしくお願いします!
所属チーム:ロードトリップ

ゆかいな仲間達(SUZUKI GS400)

ヤラレ外装はひとつの発明だったが、こちらのGSの外装もなかなか面白い。スズキだけど、外装はカワサキのZ1&Z2のタイガーカラー。コミネのフルカウルも、タイガーに合わせたカラーリングを使っている。ホイールはセブンスターキャスト。マフラーはラッパサイクロンを装着している。サイドカバーは完全オリジナルの「がんばろう日本」。これもカッコいい。

本人コメント:飲むっしょ!
所属チーム:ロードトリップ

集合写真




-

© 2022 i-Q JAPAN