旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

きみは『爆発! 暴走族』を知っているか? ~単車乗りなら見ずには死ねない大傑作~【暴走シネマの天地①】

2017/08/19

COLUMN

ゲーム&コミック&映画

昭和が生んだ暴走族映画の金字塔! “爆発ルック”を生んだ岩城滉一映画初主演作を見よ!

75年に公開された『爆発! 暴走族』という映画をご存じだろうか?

日本におけるカワサキZ2の人気を不動のものにした立役者であり、

役者・岩城滉一の人気を不動のものにした暴走族映画だ。

主役の岩城滉一はCAROLの親衛隊も務めたバイクチーム・COOLSの副団長であり、これが映画初主演。

団長だった舘ひろしがバイクチームと同名のバンド・COOLSを結成して音楽活動を始めたのとは対照的に、

音楽には全く興味がなかった岩城はこれに参加せず。

東映の上層部からスカウトされたこともあって、ひとり役者の道へと進んでゆく。

元々、CAROLやCOOLSとの関係もあって注目度が高かった岩城だが、

デビューから約半年ほどで主役級の扱いは、映画会社からの期待の高さの現れでもあった。

かくして、作品は大ヒットとなった。

その後、続編が次々と製作されていたことでもわかるように、配給元の東映は『男はつらいよ』や『トラック野郎』のような連作を考えていたふしもある。

岩城の人気もさることながら、当時の暴走族ブームがいかに大きかったかがわかる。

制作協力として、ブラックエンペラーやジェロニモ、毘沙門天、マッドスペシャルなどの現役暴走族がスクリーンに登場。

彼らの存在は伏せられるどころか、予告編にもその名が大写しになるほど。

むしろ、ひとつの“売り”ともなっていた。

作品の内容としては、ブラックと呼ばれる一匹狼の暴走族・岩城が一大チーム『地獄』との抗争を軸にしながら、

ブルジョアなセクシー軍団とのひと悶着、

元レーサーで暴走族嫌いのショップ店長(なんと千葉真一)との出会いなど、

自由を求めて苦悩する若者の成長譚となっている。

また、この映画で岩城が操るマシンがカワサキZ2。

作中、全身黒づくめ(CAROL~COOLSの革ジャン・リーゼントのスタイルを意識した?)ファッションで登場する岩城だが、

愛機Z2もすべてがブラックという仕様だった。

これが『爆発ルック』と呼ばれ、全国に波及。今でも人気のスタイルとして、多くのZオーナーを虜にしている。

2010年にはDVD化され、ふたたび視聴が可能となった。

いま見るとところどころ驚くようなシーンもあるが、

70年代のエネルギー溢れる秀作であるのは間違いない。


単車好きなら、ぜひ一度ご覧いただきたい作品だ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

爆発!暴走族 [ 千葉真一 ]
価格:2535円(税込、送料無料) (2017/8/19時点)


▲爆発!暴走族を見るならここ

TOP