【琉球】リズム天国・沖縄に挑む“ないちゃー”のコールもムネアツだった!【予選Part2】

昨日に引き続きコール大会の出場車両を公開!

個々のお名前に関しては予備資料がなくてお伝えできませんが、その雄姿だけでもお伝えしたい!

特に後半は沖縄のバイクだけではなく、本州から参加したバイクも! 輸送だけでも手間も時間も料金もかかるなか、敢然と参加したその意気を称えたい!



沖縄は沖縄でも本島ではなく宮古島のチーム・龍宮から参戦したゼファー乗りのコール! 

独特のリズムが心地よい!



こちらも宮古島の竜宮から参戦のCBX!

Ⅰ型のトリコロールにBEETパーツ多数、長靴(ちょうか)にコルク半というシブい旧車會スタイルからのコールがカッコいい!



このゼファーにYSP仕様の外装も沖縄は多かった! 

コールにも沖縄らしさを感じさせるテクニックが散りばめられていていい感じ!



こちらのCBX、ところどころに関西みを感じておりましたところ車体は京都のテクニカルサービス本多さんの仕上げのようで、なおかつ中京とも交流が? 
多様性を感じる車体とコールでした!



沖縄では割と少数派かもしれないバブで重厚感のあるコールを響かせたこちらの方。
軽スロも装着でコールへの意識も高いとみた!



こちらは東北から参加したサンパチ! 

これも沖縄ではまだ少数派なバイクながら2スト独特のサウンドで会場の注目を集めた!



こちらも東北から参戦のRZ! 

沖縄ではかなり珍しい存在なのでは? 2ストサウンドもさることながらバイクの外装もハンパなかった!



まだまだ続く東北勢。GSの吸い込みはこの日のコール大会参加者でも東北の2台と沖縄からは1台だけ。意外と言えば意外?



こちらは同じ東北のGSで、上の車両の兄弟車。ウイリーも吸い込みもできる仕様に仕上げているリアディスク5連ブレンボキャリパーのアイツだ!



こちらは迎え撃つ沖縄のGS! サンダーラインや星マークなど外装の奇麗さやクアンタムのリアサスなどコールだけじゃなくルックスにもこだわりを感じます!



トップ画の車両でもあるが車両がゼファーでこのラクダの高いタックロールシートはバイク自体に沖縄み強し。あと、短パン。1月3日のイベントで短パン。さすが沖縄!


【予選を動画で見る】

-

Translate »

© 2023 i-Q JAPAN