旬ネタ&速報

【マメ知識】今だから気になる!学生服は某県がシェアの80%を占める生産量があるって知ってた!?【意外】

学生服って、もっと色んな地域ごとに作っていると思ってたら、一か所にほぼ集中していたという事実にビックリ!!

一般的には、年間を通して最も学生服が売れる時期が、4月。年度頭のこの時期に、売り上げの大半が集中する。新入学生はもちろん、先輩に気兼ねすることなく太いズボンが履けるようになる新3年生も、この時期に学ランを新調している。皆さん、身に覚えありますよね(笑)?

ところで、この学生服はある県に生産シェアが集中してるって、知ってた?

生産シェア8割!

学生服生産の8割が、一か所に集中して作られているのだ。

その圧倒的シェアを誇るのが、ジーンズの街でも知られる……

岡・山・県!

国内メーカーは現在55社ほどあるんだけど、そのうち40社が岡山県に集中してるのだ。もちろん、誰もが知ってる標準学生服メーカーの『トンボ』『富士ヨット』『カンコー』の国内BIG3も、岡山県が本社。そう聞くと、シェア80%も納得じゃない?

ただ、BIG3の売り上げだけじゃ8割のシェアは取れない。

そう、我らが変形学生服も、ほぼ岡山県産(!?)なのだ!!!!ツイッターで半自動的に300万稼ぐ方法 フォローマティックXY

あの、エキサイティング!
ベンクーガーも!

ジョニーケイも!

キングダッシュも!

映画『BE-BOP-HIGHSCHOOL』への衣装提供で一気に話題となった
YAHVAN D.C.も!

これが全部、岡山。なんならベンクーガーとジョンカーターは同じ倉敷市内だ。

結構、衝撃受けている人もいるんじゃないかな?

そして、もうひとつ学生服マメ知識。

ブレザー制服の発祥も岡山県

学ランはブレザーに駆逐されていった。ブレザーだと形を崩しにくいこともあって、変形学生服の着用者が多い学校ほど、ブレザーに移行していった。むしろライバルというか、怨敵くらいの感じかと思っていたが、全然そんなことはなかったのだ!

そして、その理由に二度ビックリなのだ。

※次のページへ続く!!

次のページへ >

-旬ネタ&速報
-, , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN