【尋常じゃないカスタム 魔改倶楽部現る!①】SUZUKI RG250E

2017年9月26日

この単車にこんなパーツを付けちゃうの? この単車をこんな仕様にしちゃうの?といった、驚きを含んだ単車改造を行っている集団がいる。

とくにチーム名を決めているわけでもなく、むしろ普段は別のチームに所属していながら、なにかの際には集まる改造マニア集団、といったところか。

今回は、その集団のうちから数名が集まって、撮影に応じてくれた。名前がないのもやりずらいので、今回は勝手に“魔改造軍団”と命名させて頂いた。

ぜひ毎日ご覧頂きたい。


今回から、ラッシュでお届けする“関東の魔改造軍団”。第一弾は、こちらのスズキRG250E。

カフェのようでがっつりカフェのカテゴリーというわけではなく、かといってゴリゴリの旧車會仕様かといったら、それもまた違う。

純粋な走り屋仕様でもない、様々な要素を取り入れたオリジナルなオールドスタイル、といったところだろうか。


様々な要素を取り入れる、という精神は外装の仕様にも表れていて、この赤というかえんじ色は、どこかで見たような覚えがある。

RG? GT? はたまたザリ? ……と考えてしまうが、これがまったくのオリジナルカラー。非常にスズキらしさを感じさせる色だが、何かを模した色ではないのだ。


もっといえば、この3本ラインも純正を感じさせるものだが、元になるデザインの単車はない。

ないどころか、反射が入っている平成のテクニックが用いられた、粋な外装なのだ。


同時代性を感じさせるのは、やはりパーツ群。かなり珍しいアイテムがズラリ、なのである。

三番館のハーフカウル、BEETのバクチクチャンバー、リードのフェンダーなど、オークションでもなかなか見かけないアイテムが普通に装着されている。

ただ、今後の予定は「シンプルにする」なのだとか。ちょっともったいないような気も、楽しみな気もする。


OWNER/変ター カワイ

■装着パーツ
【ハンドル】ハリケーン 絞り
【マフラー】BEET バクチクチャンバー
【ホイール】社外ホイール
【フロントカウル】三番館 ハーフカウル
【フロントフェンダー】リード
【リアショック】マルゾッキ
【スイングアーム】ウエダ
【タンデムバー】キジマ

-

Translate »

© 2023 i-Q JAPAN