旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧栃】多くのチャレンジャーが集結!!旧栃のコール大会は今年もフレッシュ【展示型イベント】

2018/10/24

COLUMN

単車&暴走族関連記事

吐き&吸い込みの2部門がが用意された旧栃のコールコンテスト。この雰囲気だから出場できる、という出場者も多かった!!

旧栃のコール大会は、サーキットイベントのそれに比べて若い参加者が多い。これからコールを極めていこう、大きな大会に、いつかは出られるようになろう、という気概を持った、明日のコールマンが多数参加する。

こうした若い層の「受け皿」的な場があるのは、とても大切なことだ。

ここを飛躍の第一歩として、いつかはさらに大きなイベントで、その姿が見られることを期待したい。





大会に先立ち、オープニングアクトとしてMAD☆STARゆうぽんさんとWINGねもつよさんのエキシビジョンが行われた。

旧極の舞台でもエキシビジョンに参加したレジェンドの共演を間近で見れるなんて!





吐き部門の優勝は、あさくらさん(フリースピリッツ)。爆音のCBRで見事なコールを奏でておりました。

準優勝はあっちさん(プロジェクトU)。MAD☆STARゆうぽんさんの私的プロジェクトから、若きコールマンが育ってきています。

そして3位はともさん(我道)。吐きでトロフィーをGETしましたが、吸い込み部門にもエントリー。多芸なんです。




▽吐き部門の全出場者はコチラ!





そして吸い込み部門優勝はまさかっちゃんさん(つかっちゃん.com)。Q-1のコール大会にも出場する腕自慢。貫禄の優勝でしょう!

準優勝はゆうきさん(03)。若い力がここでも着実に芽を出しています。

そして3位はあっちさん(プロジェクトU)。吐き部門の準優勝に続く受賞となりました。




▽吸い込み部門の全出場者はコチラ!





ウイリー大会はたさきさん(仏恥義理)1名のみのエントリー。必然的に1位となりましたが、その腕は確かなものでした!




審査員はエキシビジョンを行ったゆうぽんさん、ねもつよさんに茨城のショップ・MARSの生沼代表らが務めた。

着眼点がユニークで、審査もかなり盛り上がっておりました。




TOP