カルチャー

【サンローラン×旧車!?】あの世界的ブランド「サンローラン」のPVに参加した3人に突撃取材!! サンローランのPV撮影ってこんなにも……。 その①

世界的ブランド・サンローランの、めっちゃくちゃカッコいいプロモーション動画に旧車會仕様のGS&GSXが登場する、というコラムが大好評!! ということで、そのプロモーションビデオに登場するGS&GSXのオーナー3人に、撮影の模様を聞いてきた!!
▼前回i-Q JAPANで取り上げた【サンローラン×旧車】の記事はこちら!!
【サンローラン×旧車?】今、日本の暴走族文化が全世界で注目されているのだ!



編集部 サンローランのプロモーションビデオ、拝見しました。すごくカッコよかったんですが、どういった経緯で撮影にいたったんですか?

渡邊 自分の地元の先輩がPVやCMで使われるような劇用車を手配する会社をしているんですが、ちょっと変わった単車を使いたいので協力して欲しいと連絡が来ました。

編集部 今までもPVやCMなどに、旧車関係の車両を提供したことはあるんですか?
 
渡邊 E-girlsのPVに4台旧車を提供しましたこともあります。少し前にはSCANDALのPVにも40台ほど集めました。

編集部 その先輩の会社では、旧車専用で劇用車を集めているんですか?
渡邊 いえ、そういうわけでもないですよ。ランボルギーニやアメ車のローライダーなんかも提供しています。

編集部 車両だったらなんでも、ということですね。

渡邊 今回の撮影では、先に単車の動画を送ってあったんですけど、それを先方が見たら気に入ってくれて、ぜひ使わせてくれ、と。

編集部 先方が、ですか?

小島 本社の人が見たのか、代理店の人が見たのかはわからないけど、大喜びだったらしいですよ? アメイジ―ング!! って(笑)。
こちらが三協オートの小島大作代表。インタビューの場所としてショップを提供していただきました


鈴木 最初は単車だけ提供って話だったけど、走行シーンにも出演してほしいってなったんですよね?

小島 そうそう。急にね。

編集部 え、じゃあ出演もされてるんですか?

渡邊 はい、モデルを後ろに乗せて。

鈴木 自分らが着る衣装も用意してくれてたんですよ。
左が小島代表の盟友・鈴木強人さん、右がK's Garageの渡邉賢太代表。


編集部 そうなったらもう、モデルさんじゃないですか!

小島 トータル100万以上するから気を付けてくれって言われましたね。値札ついてましたけど、革ジャンだけで60万ですよ!? 絶対にコケられないって思いました(笑)。

渡邊 あと、新作だから写真は絶対に撮るな、と。

小島 かなり強めに言われたよね(笑)。

編集部 自分たちが着てるところもダメなんですか?
小島 全ッ然無理です。シャレでもやっちゃいけないなって。空気が重いんですよ。初めに契約書も書きましたし。

編集部 ちなみに撮影の時間ってどれくらいでしたか?

鈴木 6時ごろスタートして、深夜3時に終わったので半日くらい?

小島 でも、終わってみたら……って感じだったよね。ざっくりとしたスケジュールはあるけど、撮影の台本がないんですよ。

編集部 台本がないんですか?

渡邊 ないんです(笑)。レイアウトやらなにやら、全て現地で決めてたんでビックリしましたよ、もう。

編集部 やはりファッション業界は、直感が大事なんですね~!



続きは【その②】で公開



▼【サンローラン×旧車】実際の動画がこちら!!!!


▼【グッチ×デコトラ】こんなのもあるぞ!!!!

-カルチャー
-, , , ,

© 2021 i-Q JAPAN