旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【コールマン必見!】重鎮・岩橋健一郎の連載で、i-Q JAPANファミリーの”音職人”がまさかの●●●●●( ゚Д゚)

2018/01/07

COLUMN

カルチャー

今月の実話ナックルズ(月刊2月号)を読んでると、i-Q JAPANファミリー・岩橋健一郎の連載で、旧車會"音職人"がまさかの......。 これは当サイト読者の皆さんにチェックしてほしいニュース!!

i-Q JAPANは、みんなで作るサイト。だから関わった方々はみんな”i-Q JAPANファミリー”なのだ。本人から正式なクレームが来るまでは、そう呼ぶ(笑)。幸い現状ではまだクレームはゼロ!! ヨシ、この調子。

昨日は、i-Q JAPANファミリーの一員であるファッキングラビッツの芹野莉奈が、超一流雑誌『実話ナックルズ』の連載コーナーに出てたので紹介した。その勢いで毎月必ずチェックしている、ヤンキー界の重鎮・岩橋健一郎の連載『岩橋健一郎の実録・暴走族列伝』のページにたどり着くと……

あれ、マジかっ!? 多くの単車乗りがリスペクトする、i-Q JAPANファミリーの音職人の偉い人が出てるぞ!!

これは読者のみんなに知らせなければ!!

誰でしょう? ヒントは音職人認定師でもある、あのお方! 半端ないテクニックの持ち主だ!!



正解は……CMのあと!

で。改めて正解は……
山梨が誇る元祖音職人・八木徹氏だ!

i-Q JAPANファミリー・岩橋健一郎の連載に、i-Q JAPANファミリーの音職人・八木徹氏が登場という朗報! こんなWネームの登場をほっとくわけにはいかんのじゃ! インタビューではALL山梨『夜蝶』時代の話が掲載されていて、かなり読み応えがある!! 何度かインタビュー等でお会いしている岩橋さんをi-Q JAPANファミリーと呼ぶのは依存のないところだろう。だが、「八木徹氏をi-Q JAPANファミリーと呼ぶのはおかしくない? 誰でもファミリーに加入させたがるよね~」とか思ってない? 全ッ然そんなことないですから。ちゃんと関わりありますから!

八木徹氏はi-Q JAPAN始動の際に、オープニング記念コール動画を送ってくれたお方なのだ! たとえコチラからお願いしたとはいえ、忙しい合間を縫って動画を用意してくれたのだ。嬉しいのだ。ありがたいのだ。ファミリーなのだ!!!! 

【業務連絡】八木徹様。万が一、i-Q JAPANファミリーとお呼びすることに問題がある場合、お問合せフォーム←よりご連絡ください


他には、東京都内の名門暴走族チームが復活したというニュースが4ページにわたり特集されていた。どこのチームが復活したか気になるところだと思うが、詳しい内容は全国の書店、コンビニで販売中の実話ナックルズ<(月刊2月号)を手に取って読んでみてくれ!


▼ネットで購入するにはコチラ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

実話ナックルズ 2018年 02月号 [雑誌]
価格:579円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)


TOP