【不良】少年院帰りの元暴走族芸人が国家プロジェクトの中核に!【更生】

2020/07/03

COLUMN

旬ネタ&速報

バッドボーイズの佐田兄(にい)が、元幻影総長にして福岡連合総長の佐田兄(にい)が、国が推進するプロジェクトのアンバサダーとして活躍している! 全国の暴走族のみんな! 頑張ればここまで行けるぞ!
我らが佐田のアニキが、よき感じで褒められている!


YouTuberとしても人気の高いバッドボーイズ佐田のアニキだが、最近は法務省が取り組む「明るい社会を作る運動」という、犯罪・非行の防止と犯罪・非行歴のある人たちの更生をテーマとした運動に協力して、この運動のPR動画にも出演。


最近は福岡連総長という経歴を活かし、少年院への慰問を積極的に行っているという。






「少年院を出た子たちから自分のSNSにメッセージが届くようになった。『笑えなかった生活だったけど、佐田さんと話して笑えたり、少年院を出たあとどうするかという選択肢も自分で決めれるようになりました』という感謝のメッセージだった。うれしかった。僕も返信してるので今でもやりとりは続いてる」

東スポWebより引用




本人も身をもって体験していることだから、言葉の重みが違う!


そして、佐田のアニキが偉いのは、ちゃんと暴走族側の心情も語ってくれているところ。



「友達同士で『この服かわいいでしょ』と言い合うような感覚で『このバイクかっこいいだろ』とか、喧嘩して勝つことがかっこいいとか思ってるから、どんどんエスカレートして事件を起こしたり、誰かに迷惑をかけてしまう。本人たちは悪いことをしてるっていう感覚ではないんだけど」

東スポWebより引用








そうなんだよねぇ……。さすがは、その世界の頂点にいただけあって、しっかり理解していらっしゃる。


社会に出たら、否が応でも適合することを求められる。それが生きていく、ということだ。こういった機会に、現役暴走族のみんなも、社会に出てからのビジョンというモノを、少し考えてみたらどうだろうか。




関連コラムはコチラ
【インタビュー】映画『デメキン』の原作・バッドボーイズ佐田が語る“映画にできない”リアル・デメキンの世界~本当は話したくなかった!?爆笑エピソードとは~

【インタビュー】映画『デメキン』の原作・バッドボーイズ佐田が告白「健太郎や山田裕貴に伝えたのは“あの部分”だけ。彼らが出てくれて本当に良かった


参照元:元総長・バッドボーイズ佐田がイマドキの暴走族を一喝


執筆者:i-Q JAPAN編集部



TOP