旬ネタ&速報

【超お宝】1000万円持ってるヤツちょっと来い!“BEETマグのセパハン”がヤフオクで高額祭りに!!

これは本気で落札されるかも? 現在、ヤフオクに出品されているBEETのセパハンに1000万円超の入札が入っている。マニア垂涎、今後はまず世に出ないアイテムとあって、マニアの間で激しい争奪戦が繰り広げられている! 1000万円持っているヤツは参戦すべし!

ヤフオクの高額取引祭りといえば、ネタ出品に対してシャレで高値を付けていって……みたいなイメージがないだろうか。

目くじら立てるほうがバカ、的な祭りは定期的に盛り上がっている。

ただ今回は話が違う!

本物のお宝、あいや正真正銘の宝物だ。


BEETマグのセパハン!

マグ、とはマグネシウム合金パーツのことで、BEET製の当時ものはめちゃくちゃ希少。現在、最高入札額は1000万円を超え、1日前の20時時点で10,018,000円が最高入札額となっている。

……何が凄いのかって?

たとえば、白石麻衣やんって今大人気だけど、その歴史にかかわるもの……たとえばへその緒とか!

そう! 白石麻衣のへその緒が出品されてたらファンは1000万円でも買うじゃんか。そんな感じ!

……え? ただ話が無駄に気持ち悪くなっただけで意味が通じない?

まぁ、そうかも。……時を戻そう!

まだ正式な企業名ではなく、BEETはブランド名だったフクイ工業が「日本BEET工業」に移行する直前の1981年に日本で最初に商品化したのが、マグネシウム合金製のパーツ。

CBX用にはセパハン、スタビライザー、スターターカバーなどがあり、マニアの間では“三種の神器”と呼ばれ、崇め奉られているアイテムだ。


何といっても特徴はその軽さ。プラスチック並みに軽い。

BEETがレース用に開発したアイテムであって、当時も限定的に販売したのだが……まったく売れなかったのだそうだ。

あまりに軽かったので、強度に不安を感じたのか、それとも同時期に販売されていたアルミ製の方が数千円安かったので、そちらに流れてしまったのか。

どちらにしても、当時はマグネシウム合金の価値が浸透していなかったため、世に出回らなかったのだ。

それが後世になり、マグの価値と希少性が明らかになるにつれて価格が高騰。気付いた時にはもう、幻のアイテムになっていたわけだ。


それでは今回のお宝を見てみよう!(←例の番組調で)

ハンドルの側面に「5」の刻印があるので本来は35Φのようだが、実測というか、装着しているバイクがゼッツーで36Φ。このΦ数が意外とレアなのかもしれない。

Q&Aによると1,000万円超えは6名。本気で落札を考えている可能性も高く、このまま落札されるのか、興味は尽きない。

ちなみに出品の期限は
1月21日21時20分ごろ!

出品者は最高落札者がいたずらだった場合、必ず再出品して売り切りを明言している。

こうしたレア・アイテムは価格の下方修正がまず無い。

そこの1000万を持て余しているアナタ! 

1000万円くらいじゃ預金していても大した利子は付きませんぞ!

このへんで一発、大勝負に出てみたらどうだろうか。数年寝かせて再販したら……ムフフ。知らんけど。

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-旬ネタ&速報
-, , , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN