バイク一覧 SUZUKI GSX&GT KAWASAKI Z(FX/GP/FT) 単車&暴走族関連記事

【GT380】足回りに注目!見慣れないキャストホイールの正体はまさかのアレだった!

2021年6月15日

パーツにこだわるバイク乗りにとって、キャストホイールを注目せざるを得ないポイントだ。そして当時ものパーツが様々装着されているサンパチオーナーがチョイスしたホイールが意外すぎた!

パーツにこだわるバイク乗りにとって、キャストホイールは注目せざるを得ないポイントだ。そして当時ものパーツが様々装着されているサンパチオーナーがチョイスしたホイールが意外すぎた!

純正のテイストを程よく残しながら、実は個性のカタマリのような仕様となっているのがこちらのGT380だ。

外装デザインのベースは純正B1のライン。イノウエタイプのフルカウルにも、タンクに合わせてラインを加えている。ラインの強弱は純正ラインともマッチしていて、センスを感じさせるものだ。


ただ、まったく違うのがその色使い。純正には一度も登場してない紫ベースが激シブい。フルフェイスの族ヘルや首に巻いたタオルにも紫を使っているということは、紫が相当好きなのだろう。

銀ラメ×キャンディパープルは、ラメの粒が大きいのか直射日光に当たるとかなりギラつく。タンクに装着されたエンブレムのゴールドも、これまたシブい。

注目は前後のキャストホイール。メルバかと思いきや、これはカワサキのZ400FXから移植しているという。これは意外な盲点というか、発想が面白い。諸々のアジャストは必要だろうが、国産他社のホイールというのがユニークだ。

さらにアルミ削り出しで「煙」の一文字を浮かび上がらせたポイントカバー当時モノの城北ムラカミ集合管など、ポイントとなるパーツには強いこだわりが感じられる。


左のシート下に設置した鉄メッキの6連ラッパも当時もの。2列にした配列もセンスを感じさせるものだ。センスと言えば、アップハンに装着したグリップ。左が紫で右が白と色違いで付けているのは超オシャレ。ちょっとしたパーツだが、こうした点にこそセンスの違いは出てしまうものだ。

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【CB250N】過去のどんなバブにも似ていない旧車女子のセンス恐るべし‼

【CBX400F】注目ポイント多数! 個性が詰まったCBXは随所に見どころアリ

【GS400】これこそ王道スタイル!アップハンで広がる可能性は無限だった【旧栃2020】

【KATANA】根っからの好き者多数!愛しか感じないGSXが愛らしい!

【GT380】仕上りが男前すぎる!至高の不良バイクに注目せずにはいられない【旧栃2020】

▼GT380関連の動画をチェック!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-バイク一覧, SUZUKI GSX&GT, KAWASAKI Z(FX/GP/FT), 単車&暴走族関連記事

© 2021 i-Q JAPAN