【Q-1 2017】③ 走行車輛追っかけ撮! まずはCBX編からスタートだ!!

2017/09/03

EVENT

Q-1

開催日:2017年8月27日(日)
時 間:AM9:00~PM4:00
会場:日本海間瀬サーキット 新潟県新潟市西蒲区間瀬610
大注目のイベントだけに今年もレベルの高い改造単車が勢ぞろい!!
単車乗りにとってQ-1は年に一度の晴れ舞台、という人も少なくない。だから普段はあまり一緒に走ることのない地域のカッコいい単車が、その眼で見られる大チャンス!

今年もビシッとキマッた単車が数多く訪れた。コース上でキャッチしたそれらの単車をドシドシ公開していきたい。

まずはCBXから。全国的にもGSと人気を二分する単車で、今回も注目度の高い車両が数多く見受けられたが、紹介できるのはほんの一部……。貴方の単車は出てるかな? お楽しみに!!

イエローベースのボディーに縁取りをして、その内側にだけラメラメのファイヤーを描いた。立体感のある重なり具合も凄いが、赤から青へのグラデーションが、より炎を感じさせる。ホイールやカバー類、マフラーなど要所をメッキにしている点も注目!

コミネタイプのフルカウルやタンク、前後のフェンダーなど、角度が着いている部分をラインで強調して変化を付けた、ユニークな発想の外装が印象的。赤と紫ラメの組み合わせもインパクト大。メガホンマフラーにも注目!

こちらもフルカウルのファイヤーパターンを基調にした外装だが、こちらはボディいっぱいに炎が描かれている。そのファイヤーが縁のみで、ラインそのものにグラデーションが入っている

基調はCBX550Fの純正外装で、これを上手にアレンジしてイノウエタイプのフルカウルと前後フェンダーをペイント。違和感なく三本巻きになっているのがポイント。実はラメラメなのもポイントだ。リアルに550なのかもしれないが、それはそれということでひとつ!

屹立するメーター越えの三段シート! やっぱりイベントはこういうハメを外した感じの単車がいないと盛り上がらない。反面、外装ペイントはあえてアルフィンカバーを装着せず、タンクからのラインを強調するオシャレな仕様になっている


次回は『走行HONDA編』を一挙公開!

ギャラリー

TOP