【GSXザリ】無骨なフォルムで人気のマシンが漢らしら全開で疾走!

前期と後期で全く違った姿をみせるGSXは、それぞれに愛好家がいるアツいバイク。

どちらにも良さがあって、見るべきところも多い。

どんなところを見るのかって? それはあなたがチェックして決めてください!



カタナにFSのダブルアンチ、そしてUリムのスポークホイールという組み合わせはカタナ乗りの流行りなんだろうか? 今回の旧栃では割と多くの方がやていた。エンジンの塗装も美しい



レインボーラメのベースにキャンディーパープルのファイヤーパターンは目立ち度抜群!足回りはダブルアンチに扇風機キャスト、ハス切りのクロスマフラーでカタナらしさを表現している



シルバーと赤のメタリックなツートンが目を引く外装のザリは黄色のフレームがいいアクセントに。カウルと三段シートのバランスも抜群で、マルゾッキのサスやスイングアームなど足回りもしっかり強化!



カタナの純正カラーでもある黒×赤のツートンを基調にしたカラーリングで三段シートも黒と赤、そして金のラインでまとめている。フレームも赤、ホイールはゴールドと全体の統一感が取れています!



レッドブル外装は様々なタイプがあるけどこちらのカタナは缶のデザインそのままのスタイル。外装がアルミ製に見えてくる。蛍光グリーンのワンポイントがアクセントになっている



全体的に黒がベースの車体にゴールドのファイヤーパターンは幾重にも折り重なっているのでゴージャス感満載。マフラーはRPM管、絞りのウイリーハンはコール対応でもある⁉



いわゆる富士日章は手前の富士山のシルエットに「志」の一文字が入っているのがカッコいいアメザリ。リーゼント風防や座面に合わせた白の三段シートも不良のバイクらしい仕様だ


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN