旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【東北初】③Z400FXミーティング FXと当日集まった様々な車両をご紹介!

2017/12/15

EVENT

絶版車ミーティング

開催日:2017年9月3日(日)
時 間:PM01:30~PM5:00
会 場:宮城県多賀城市
多賀城地区緩衝緑地公園

▼水戸勝/Z750D1 会場でも一際目立っていたのは、Kawasakiグリーンを身に纏った当時物パーツ満載、バリバリマシーンのカフェZ。オーナーは昔から、当時物パーツにこだわっているマニアだ。こちらの仕様も完成形かも知れないが、次の改造も楽しみ!

~コメント~
ありがとうございました。

~装着パーツ~
トマゼリセパハン
モリワキ集合管
イノウエFカウル
船場外装
コニーリアショック
BEET E/Gカバー
BEETアルフィンサイドカバー
etc…



▼潤/Z710GP(Z400GP) こちらは宮城県の単車マニアとしても有名なオーナー。ワインレッドの純正カラーに換装されたホイールは ゴールドに、綺麗にケツ上げされたフォルムには750GPのテールを移植するなど、実に玄人的な カスタムである。この車両の他にも、BEET仕様のZ400FXまで所有しているとのこと。

~コメント~
記載なし

~装着パーツ~
ハリケーンハンドル
KERKER(特注品)
前後ZXR400ホイール
Z750GPテールカウル
WPリアショック
左右SIDEVIEW E/Gカバー
FCR33
イノウエB/S
前後ブレンボ製キャリパー
etc…



▼HMRタケ/KZ1000
所属チーム名:ZERO 背中に看板を背負った白のツナギが、堂々としていてカッコイイ! 車両は純正に近い丸Zだが、ハンドル、シート、マフラー換えるだけでここまでカスタム感が反映されるのは、凄い発見。そういえばZEROのメンバーには「姉さん」と言われる男前のオッサンも在籍しているそうだ(笑)。

~コメント~
ボランティア団体ZEROを宜しくお願い致します!

~装着パーツ~
YBタイプハンドル
ZERO集合管
白シート ミスティ製



▼なおき/Z1
所属チーム名:HMR 決して数の多くない、ヨーロッパ限定のイエローボールを自分好みにカスタムして楽しんでいる。ロングツーリング向けだろうか? 長く走っててもストレスを感じさせなさそうな仕様だ。今後はカフェレーサー仕様を目指すそうで、是非”Zの道”を究めてもらいたい!

~コメント~
記載なし

~装着パーツ~
BEETアルフィンカバー
MRS製 集合管
セブンスターキャストホイール
CRキャブ
アップハンドル

▼相澤/GSX400E 刀
ダイナミックなカラーに、インパクト絶大なFカウル稲妻ラインがカッコイイGSX400E 刀。全体のバランスはもちろんだが、何よりも要所の黄色が観る者に印象を与える。思わず関東の名門を思わせるような、カフェレーサースタイルだ!

~コメント~
全国の皆ヨロシクです!

~装着パーツ~
トマゼリセパハン
RPM管
SELECTテールカウル
マルゾッキリアショック
DAYTONAスタビライザー
Fカウル
etc…



▼やまけん/Z1
所属チーム:グランドステージ7777
70’sを彷彿させるZ1は、外装がオールブラックに統一されていている。まるで”男Kawasaki代表”と言ってもおかしくないぐらい渋カッコイイ! 低めにセッティングされたセパハンは、街道レーサーには抜群のスタイル。これからの改造予定は、フルカウル、ビックタンクと更なるカフェレーサー仕様の追求を続けるようだ。

~コメント~
バツイチなめんなよ!!!

~装着パーツ~
KISSセパハン
初期ヨシムラ管(タイプ)
ハヤシキャストホイール
バナナシート
コニーリアショック
kijima E/Gカバー
JMC製バックステップ
ウオタニSPⅡ
蛍ランプ



▼菅井佑治/GSX400EⅡ
所属チーム:193
現代では手に入れるのが難しくなったワンオーナー車(実走5000㌔)のGSX400E。そんなレアな車両を保有しているオーナーは、宮城県内でも有数の旧車フリークなのだ! 外装も塗り替え無し。当時のままを維持しているのは、当時物の大切さを熟知している者の証。今後の予定はオイルクーラーを装着するとのこと。

~コメント~
全国の旧車乗りへ 宮城のマニアは拘りやべーぜ!


~装着パーツ~
初期忠男クロス管
3分割ハリケーンセパハン
DAYTONAスタビライザー
純正リアキャリア
イノウエストロング
荷掛けフック(イノウエ製)
角ライト(シビエ製)
コイングリップ(ハリケーン製)



▼Z2
赤色に塗装されたファイヤーボールが目立つが、配色を全体的に見てもバランスのいいZ2。ホイールはカワサキの純正キャスト。ビキニカウルを装着しスイングアームを強化。こだわりを感じさせる一台に仕上げた。何よりもオーナーさんのポーズがキマってる!




▼Z1
ファイヤーボール外装にキャストホイールは当時物のレスター、ハンドルはミスティのしぼりハンとシンプルだがこだわりを感じさせる一台に。細かいところをいえばキャブはヨシムラのCR、JMCバックステップに変更。今後の予定は「カフェレーサーです」とのことだ!



※次回に続く!

▼東北FXミーティング記事を読む
【東北初】①Z400FXミーティングが宮城にて開催!!|第一弾はスナップ写真&会場風景

【東北初】②Z400FXミーティング車両紹介! まずは主催者の車両と集合場所『南海部品』に集まっていた車両から!!

TOP