旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧栃】“見る”から“走る”へ!『旧栃』が生まれ変わって開催されることの意義を考える【2020】

2020/06/27

COLUMN

チーム

旧栃 旧車會 バイク 不良 ヤンキー
新型コロナの影響で多くのイベントが中止を余儀なくされるなか、開催に舵を切った『旧栃』。コロナ禍の影響下での開催、ドレコン的なイベントからコースを使ったサーキットイベントへの変貌という点も含め、過去の開催とは比べ物にならないほどの注目を集めている。
このタイミングで開催する意義を、改めて考えてみたい。



展示型の旧車イベントとして異彩を放っていた『旧栃』が、今年は生まれ変わる。


ホームグラウンドの那須サンライズサーキットが、ダートコースから舗装されたオンロードコースに変更されたのを機に、改造バイクを“見て”楽しむイベントから、“走って”楽しむイベントに生まれ変わったのだ。





コースの総延長は1.1キロメートルは、NM5が開催されている宮城のサザンサーキットとほぼ同じ。

路面状態は、さすがに新設コースだけあって、コンディションは良好。全体が割とフラットなので、コース上を見渡せるのもいい。





あとは、コロナ対策をいかに進めていくか。

一時期に比べて沈静化の傾向があるとはいえ、その猛威はまだ安心できるレベルにはない。


「自分たちは大丈夫だろう」という楽観的な希望的観測ではなく、常に「自分たちが拡散源になる可能性がある」という自覚を持った行動が求められる。


イベントを中止した「NM5」、そして「旧極」運営本部の英断を無にすることのないイベントにする義務が、「旧栃」にはある。ここは運営チームも腕の見せどころだろう。





そして、イベント開催が決まったからには、コレを盛り上げていくのが我々メディアの使命でもある。

「密」を避けつつ、盛り上がりのある最高のイベントを期待したい!




開催要項はコチラ





▼関連記事
【開催決定】今年唯一のイベントか⁉ 装いも新たに旧栃2020が決定!!【速報】


執筆者:i-Q JAPAN編集部



TOP