旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【令和】明日開催の旧車會サーキットイベント『NM5』お楽しみポイントをおさらい!

2019/05/02

COLUMN

単車&暴走族関連記事

最高気温は22度。絶好の天候にも恵まれそうで、盛り上がり必至のイベント「NM5」は今からでも入場は可能だぞ!
ゴールデンウィークといえば、旧車會のサーキットイベント「NM5」だ。


ここ最近は、年間でも最初の旧車會イベントとして認知されつつあったが、今回はなんと「令和最初の」旧車會イベントにもなった。


単車乗りなら参加せずにはいられない、話題豊富なイベントだ。


改めて、今年のイベントの詳細をおさらいしておこう。


1.東北初の音職人コール認定会開催!


東北では初となる、「音職人コール認定会」が開催される。

当日審査を行うのは音職人認定師・メタル焼きつきさん。旧車會だけでなく、各種メディアにも顔を出す人気者にして実力者だ。

ここで腕前が認められたら、東北初の音職人になれる!

さあ「音職人」の称号を掴むのは一体誰だ!!






2.出展ブースが大増量!!


今年は文字どおり全国各地から、ショップが参加!


神奈川の名門・ダブルセブンが初出展するするほか、岡山のガレージBAや、山口のボイジャー1など、まさに全国規模での出展ラッシュ!


この日しか買えないグッズやパーツも数多い。


ブース巡りをするだけでも、かなり楽しめるぞ!








3.当日参加大歓迎のコール大会!


NM5のコール大会は当日受付。だから、誰でもエントリーが可能!

当日のノリで決めても、参加できてしまう。

そして優勝者には、ビッグな特典アリ!!

自信のあるコールマンは参加してみよう!


さらに、NM5といえば楽しみなのがチーム対抗戦。


複数でのバトルは他ではあまり見ることができないもので、今年もどんな戦いが繰り広げらえるか非常に楽しみだ。


【コール大会についての注意事項】

今年のNM5は各部門ごとに台数制限があります。 イベント開始と同時に大会本部でエントリー開始となります。

エントリー希望者は、必ずイベント開始時間に間に合うようご来場ください。

※エントリー後、簡単な審査があります。


▼コール大会受付の目印がコレ!






4.バイクが当たる!


※画像はイメージです



この日、ブースを出展する石川県のショップ、ガレージシミズさんのご厚意により、400㏄のバイクが一台当たります!!

もちろん、必要な書類一切も付いてきます。


絶対に当たる!

という自信のあるアナタ。


積載車で行きましょう!!






ということで、まだ予定が埋まっていないアナタ。


NM5で会いましょう!!!!!






NM5詳細はコチラ


開催日:2019年5月3日(金・祝)
場所:宮城県栄田郡村田町菅生長谷小屋5-1 サザンサーキット
時間:8時~17時※駐車場開放7時
入場開始:8時(連絡通路閉門12時)





当日券が販売されます!

《当日売りチケット》
車両+1名入場券:7000円
入場券:4000円

《注意》ただし、駐車場の都合で入場制限が掛かる場合もある為、来場者には見学の方は車一台に一人ではなく、一台の車に乗り合いで参加してくださいとのこと。

現状で、一番の問題になっているのが駐車場を確保。

この記事を見た方は、皆で集まって乗り合いで参加してくれよな!


受付方法は、NM5公式LINEのQRコードを読み込み、チケットテンプレートをお待ちください。
テンプレートが到着いたしましたら、そこに記入し返信してください。

それでは当日会場で待ってるぜ!!


▼下記画像のQRコードを読み込み、チケットテンプレートをお待ちください



チケットに関する問い合わせはコチラ
080-5848-7605


イベントに関する問い合わせはコチラ
022-290-0659


Facebookページ: NM5公式facebook

LINE ID: nm5miyagi


【主催より注意事項】

・飲食物持込等は誠に申し訳御座いませんが、毎年の事ながらNGとなります。発見次第没収となりますので予めご了承下さいませ

・リストバンドナンバーは、イベント終盤でメーカー様からの協賛品のくじ引きが行われます。大事にとっておいて協賛品をGETしましょう!





今年のゴールデンウィークも東北に行こうぜぇぇぇぇぇッ!!!!



▼ちなみに昨年のNM5はこんな感じ!!
【NM5★2018】画像47枚!!宮城旧車會イベント『NM5』のスナップ写真大公開!【サザンサーキット】




▼関連動画








執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP