旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【大阪オートメッセ2018】カスタムカーの祭典に改造バイクが“殴り込み”!! 来場者も大喜び!!【動画もアリ】

2018/02/12

COLUMN

単車&暴走族関連記事

オートメッセに展示してるバイクは絶対にみんな大好き! 普通に喜んでいるし
カスタムカーの祭典・大阪オートメッセの会場で、ひときわ異彩を放っているのが、我らが『テクニカルサービス本多&バイクファクトリー・キッタン&ガレージエイト』のブース。なにしろブース最前列には単車しかないのだから、「あれ?」となる人もいたかもしれない。

ただ、そんな方々も、場内のバイクを見たらみんなすごく喜んでいた。写真もバシバシ撮っていた。カスタムカーのブースにも決して負けない大盛況だ!! 旧車カスタムの未来は明るいと思わせてくれる光景だった。

そんな、会場を大いに沸かせたオートメッセに展示の単車から、注目のバイクをピックアップ!! 会場に来れない方は、これで少しでも気分を盛り上げてください。動画もありますよ!!



▼CBXの超絶カフェレーサーが人気! テクニカルサービス本多が、持てる技術の粋をこらした、といっても過言ではない単車。カフェレーサー的な仕様のCBXは数々あるが、鳳凰のペイント入りなど、そのどれとも似ていない個性を持っている。いずれまた、景色のいいロケーションでちゃんと写真を撮って、皆さまに紹介したい一台だ。



▼めちゃめちゃ手が込んだ仕様です 今回のオートメッセにむけて、テクニカルサービス本多が新たに製作したデモカー。シルエットは純正風だが、紫×白のツートンにするなど、ひとひねりしたカスタマイズが効いている。フレーム、ホイール、エンジン周りと、ほぼすべての場所が何らかの加工がされている。シートはBEETの木山スベシャル仕様。マフラーはオリジナルのヤマト管を装着。

▼Twitter動画がコチラ!


▼アメザリがこんなにオシャレに!! ガレージエイトの出展車両はGSXのL。GSXらしくダブルディスクだけどホイールはスポーク。フチドリは反射になっていて、強い光に反応する。この写真でも、ストロボの光にオレンジ色のラインが反応したのがお分かり頂けるだろう。その反射のラインのなかにはコカ・コーラのロゴが、透かし彫りのように掛かれている。今回のブースでは数少ない三段シート着用の単車。



▼怒璃瑠のTwitter動画の再生回数がヤバい(笑) i-Q JAPANのグラビアコーナーでもすでに一度頂いている、バイクファクトリー・キッタン製作フルメッキ仕様のゼファーだが、全身に電飾を埋め込むリニューアルで登場! ギラギラのフルメッキ&キラキラの電飾と、ダブルのインパクト! さらにこのファイヤーのラインがすべて反射になっているから、トリプルのインパクト! 

▼Twitter動画がコチラ!



▼シブハデなゼファー こちらはメッキ外装シリーズに、新たにラインナップしたバイクファクトリー・キッタン製作、ファイヤーボール仕様のゼファー。カワサキ車ならではの伝統パターンを最新の手法でアレンジした。メーターのケースやヘッドライトも同様に赤くてカッコいい。ホイールのリムにも注目!! 



▼超シブいCB750Kのカフェ発見!! そしてお隣にブースを構えていたK-BREAKにも、超絶怒涛の単車が! KシリーズのCB750をバッキバキのカフェ仕様にカスタマイズしていた。純正の色や形をどこかに残したカスタムが多いCBだけに、こうしたフルカスタムは目を引くし、そもそもカッコいい!

▼Twitter動画がコチラ!


いかがだっただろうか? 来場者が嬉しそうにしていたのは、絶対にテンションが上がっていたから。旧車カスタムも、こうやってみんなをハッピーにすることができることを証明しているのでは? 


参照元:第22回 大阪オートメッセ2018 / ひろげる・つなげる・クルマのワクワク
執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP