旬ネタ&速報

【大問題】脱ガソリン化が避けられそうもない令和で旧車バイクは消える?

脱酸素に向けた動きが世界中で叫ばれるようになり、日本政府も2030年代半ばを目処に脱ガソリン車の方針を打ち出した。

おそらく四輪車を念頭に置いての方針だろうが、二輪車だってその大半はガソリンを燃料として走っているのだから無関係でない。

旧車ともなれば現在でもただでさえ困難な部品供給がさらに厳しくなり、電気自動車や電動バイクが主流ともなればメーカーは絶版となったガソリンで動く車種の部品を新たに作るということは考えられず、快調に乗れるだけのレストアができなくなってしまう可能性は否定できない。



旧車が確たる人気を持ち、高値で取引されるのは、きちんとレストアが可能であるという根拠の上に成り立っている。それが根底から揺らぎレストアできないのなら、行き着く先は絶滅しか無くなってしまう。

さらにもうひとつ不安になるのは、職人が減っている上に新人を育てる環境も無いのだ。

30年前には当たり前の様にキャブ調整やその他各部を点検・調整できるカンの良い職人がバイク屋には当たり前の様にいたし、エンジンのオーバーホールともなればボーリングやホーニングなどの作業を高精度で依頼できる金属加工の職人がそこそこいたものであったが、この数年で多くの金属加工業者が廃業している。

これらを考えると、一見完璧に見える整備状態の旧車であっても現実問題として、どこまで信頼できるレストアがなされているか? 微妙な気がしてならない。




修理をするための専用部品がすでにメーカーの在庫から消え、共用できそうな部品で見繕おうにも専用パーツで以外は不可能となったときには、そのバイクは廃車するしか道が無くなる。

これからは自動車もバイクも電動の時代が訪れるのだから、ガソリンエンジンを搭載した車両のレストアなどやめなくてはいけないのかも知れない。




40年前には有鉛ガソリンをどこのガソリンスタンドでも販売していたが、今では国内で有鉛ガソリンを販売しているスタンドはゼロである。

モータリゼーションと通信は時代の流れとともに大きく変貌を遂げるもの。だからこそ旧車ファンには愛用のバイクを何よりも大切にしてほしい。審判の日は間違いなく近付いているのだから。



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-旬ネタ&速報

© 2021 i-Q JAPAN