旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【グロ注意】拉致やリンチ、監禁、抗争・・・悪夢のような不良映画『孤高の遠吠え』。予告編だけでもう耐えられない・・・

2017/08/24

COLUMN

ゲーム&コミック&映画

衝撃の不良映画予告!? こんなの撮っていいのか・・・。

今日もネットでヤンキー映画を色々と調べていた。そのときビックリするほどグロい映像を見つけてしまった。それを調べていくとヤンキー映画の予告編だというのだ。こんな映像、もうホラーの域じゃないか。グロいのが苦手な人、心臓が弱い人はこれ以上先を読まないことだ・・・。

・特にBGMも何もない、殺気だった映像

普通の映画の予告ならBGMが軽く流れているのが普通ではないだろうか。この予告、序盤はほぼ声のみ。声等もイジった感じが全くなく、素人が撮っているようだ。それがまたとてつもなく恐怖を煽っている。殺気だった雰囲気の中、辺りはシーーンとしている。

「原付降りるか殺されるかどっちか言え」

・・・。

・壮絶な殴り合い描写

この映像本当にリアルを追及している。最近のヤンキー映画のような不良を「カッコよく見せよう」とする姿勢を全く感じさせない。この映像では完全に不良は「悪」そして「恐怖」だ。

この画像の他にも放火、拉致、喧嘩に吐血、刺青などより日本の不良文化描写がたっぷりと詰まっている。

・暴走族使用の単車も登場

主人公はスクーターのようだが、族車もたくさん登場する。三段シート、ロケットカウルに風防、よりリアルな暴走族だ。この作品は2015年に公開されている。暇があったら是非見て欲しい。もちろん私もしっかりと見て、改めて感想を書かせて頂こうと思う・・・。

ちなみにライムスターの宇多丸も絶賛しているそうだ。


▼『孤高の遠吠え』を今すぐ見る
孤高の遠吠 – 作品 –

TOP