【サンローラン×旧車!?】あの世界的ブランド「サンローラン」のPVに参加した3人に突撃取材!!② 一番驚いたのは、あの……。

2017/07/30

COLUMN

カルチャー

世界的ブランド・サンローランのプロモーション動画に参加してきた旧車乗りに、その裏話を聞く特別座談会の後半戦。撮影現場は驚くほどにゴージャスで、華やかだったとか。いよいよ出番となったお三方は、どのようにして映像に加わっているのが? オモシロ話、満載です!

前回の記事をご覧になっていない方は、まず見ていただきたい。サンローランのCM撮影にGS&GSXを出演させたお三方。今回は、撮影中のあれこれを、伺ってみた。

▼前回i-Q JAPANで取り上げた【サンローラン×旧車】の記事はこちら!!
【サンローラン×旧車?】今、日本の暴走族文化が全世界で注目されているのだ!



編集部 撮影場所はたしか東京ですよね? 

渡邊 新宿で撮影しました。人通りが多い場所だったのですが、許可もサンローラン側がとっていたみたいです。

編集部 さすが世界のサンローラン、新宿のど真ん中でも許可とれるんですね。

小島 しかし待ち時間長かったなぁ(笑)。

鈴木 機材を運んだりするのに、何回も行ったり来たりして待ちくたびれたよね(笑)。

小島 驚いたのが、撮影クルーがひとつじゃないんですよ。何チームかいて、それが都内の各所でいっぺんに撮ってたらしくて。その都合もあったみたいです。

こちらがK’s Garageの渡邉賢太代表。今回サンローランと旧車の懸け橋となった存在。



編集部 マジですか! 費用のかけ方がゴージャスすぎる!!

渡邊 あとフィッティングが終わってから出番までケータリングルームにいたんですけど、死ぬほど豪華でした。

鈴木 あれはセレブだった! 天井まで10メートルくらいあるような広間にコックが3人位いて。おにぎりの具がウナギとか(笑)。

編集部 実際の撮影なんですが、何か指示とかはあったんですか?

渡邊 単車の向きをもっとこうしてくれとか、かなり厳しめでした。撮ってるときは、ちょこちょこスタイリストが来て、ブーツの入りが気にくわないだのなんだので衣装を整えたり。

小島 ロケット一個分だけ前に出てくれとか、あと10センチ近くに来てくれとか、要求がシビアだったよね?

編集部 他にも特に印象的な場面ってありました?

小島 外国人モデルが直江兼続の甲冑を着て撮ってるところ(笑)。

編集部 あの兜に愛って書いてある?

小島 そうです。気が付いたら後ろにいて。うわぁ、甲冑着た外国人がいるぞ、って(笑)。でも後から映像で見たら、めちゃくちゃカッコいいんですよね、そのシーンが。世界のクリエイターってスゴいんだなぁって実感しました

編集部 実際終わってみて全体的に撮影はどうでした?

渡邊 日本アーティストPVにも単車を提供したことがありますが、規模が違いました。

左が三協オートの小島大作代表、真ん中が小島代表の盟友・鈴木強人さん。


小島 僕は初めてだったんで、こういう感じで撮るんだって勉強になりましたね。なんで僕らなんだろうってずっと思ってました(笑)。

鈴木 最後の最後に、みんなでウイリーして見せたんですよね。使われないだろうな、とは思ったけど、びっくりさせてやろうと思って。

編集部 めちゃくちゃ驚いたんじゃないですか?

小島 終わったときは監督らしきおばさんが、ハグしてきました。凄い喜んでくれたので、やってよかったなぁと思いましたね。

編集部 次回また撮影の依頼があったときは、参加したいと思いますか?

小島 またお誘いがあれば参加したいですが、あんまり日本人向けのPVには出たくないですね。恥ずかしいので(笑)。

編集部 知り合いにみられると恥ずかしいですよね。次回撮影があった際は、また是非取材させてください。ありがとうございました。



▼【その①】をもう一度読みたい場合はコチラ!!
【サンローラン×旧車!?】あの世界的ブランド「サンローラン」のPVに参加した3人に突撃取材!! サンローランのPV撮影ってこんなにも……。 その①

▼【サンローラン×旧車】実際の動画がこちら!!!!


▼【グッチ×デコトラ】こんなのもあるぞ!!!!

TOP