旬ネタ&速報 カルチャー

「最近の不良映画にはリアリティがないわ」と感じる旧車會関係者の皆さんに、知ってほしい"極悪"な漢がいるんです!!

今月の実話ナックルズ(月刊2月号)を読んでると、我々も面識のある"あの超危険人物"が登場していた。今回はその問題のページについて触れていきたい
[adrotate banner="5"] ここ二日間にかけ、実話ナックルズ(月刊2月号)の中でどうしても放っておけないi-Q JAPANファミリー登場ネタを紹介している。一弾ではファッキングラビッツの芹野莉奈、二弾では重鎮・岩橋健一郎&音職人・八木徹氏。我々が関わった方々はみんな"i-Q JAPANファミリー"なのだ(笑)。

そしてまだ今月号には"あの漢"、
"あの俳優"が登場しているぞ!


これも絶対放っておけないニュース! 「ファミリーファミリーうるさいなぁ」とか思わないで。マジで知っておかないと損するぐらいの漢だから!!



そんな実話ナックルズに登場した俳優が、

この男だ……







[adrotate banner="5"]
俳優・ウメモト ジンギ(24歳)

i-Q JAPANでは、ワル~いな映画ばかりを撮ってる映画監督・小林勇貴の最新作『ヘドローバ』が限定先行公開されたとき、メインキャストである彼にも作品の見どころについて話を聞いている。つまりはまぁ……ファミリーってワケなのさ(笑)。もちろん小林監督もそうなります(笑)。

彼の魅力は若いころガチで不良をやっていたこと。「暴力に関してはあんまり深く意識はしてないんですよ。プライベートでの経験も豊富ですし(笑)」。皆さんご安心ください。今後の不良映画は、彼の出演によってかなりリアリティ高いものに仕上がるはずだから。


▼映画『ヘドローバ』インタビュー記事
ありとあらゆる悪を詰め込んだ映画『ヘドローバ』が大好評の小林監督が暴力だらけの最新作を語る!!


そんな、リアルアウトロー俳優・ウメモトジンギが登場する問題のページがコチラ!





[adrotate banner="5"]
くぅ~~。カッコいい写真がたくさん掲載されているぞ! 見た目がイケメンなだけじゃない。彼には不良という険しい道を潜り抜けてきた経験値があり、その漢らしさみたいなものが演技や言動に影響を与えている。インタビューにもかなり重みがあるなぁ。さすがは我らファミリーの一員! まさに"男目線でもカッコいい俳優"だ!!



喧嘩に単車、そして少年院。潔いほどに不良だった彼の4ページにわたるインタビュー記事は、とにかく読みごたえがある。今どきこんな濃いプロフィールを持つ俳優はなかなかいないのでは?
その危険すぎる生き様を語ったインタビューの全容は、全国の書店、コンビニで販売中の実話ナックルズ(月刊2月号)で公開中! 是非手に取って読んでみて!!

▼ネットで購入するにはコチラ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

実話ナックルズ 2018年 02月号 [雑誌]
価格:579円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)


[adrotate banner="5"]

-旬ネタ&速報, カルチャー
-,

© 2021 i-Q JAPAN