旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【大盛況】岩橋健一郎トークイベントで元チャンプロード編集長がテンパった理由とは?

2020/01/11

COLUMN

カルチャー

「往年のヤンキー文化を語るぞ!!」~ヤンキー今昔~
日時:2020年1月8日(水)
開演:19:30~(開場 18:30~)
場所:阿佐ヶ谷ロフトA
料金:前売り/1800円 当日/2300円(ドリンク代別500円~)



ということで岩橋健一郎トークライブ、行ってまいりました!



週の真ん中の平日、しかも都心からは少し外れた場所にあるイベントスペースとあって、実は会場側には集客面での不安が少なからずあったそうだ。


が、しかし。


開演の1時間以上前から人が集まり始め、開演時間には予定の席数はほぼいっぱいに。なかにはi-Q JAPANではお馴染みの方々の姿も。


登壇したのは、岩橋御大のほかにお二人。





元チャンプロード編集部スタッフで、その後『ヤンママ』誌を立ち上げたアリクイK子さん。


落ち着いたトーンで、チャンプロード編集部在籍当時のエピソードや『ヤンママ』誌を立ち上げてからの衝撃的なオファーなどを面白おかしく語ってくださった。






そしてコチラがチャンプロードの名物男・秋本敏行元編集長。

この日のために用意してきた数々の秘蔵写真を公開しつつトークを進める手はずとなっていたのだが……イベント開始15分前に画像を詰め込んだノートパソコンのデータがすべて消えてしまうというハプニングが発生!


本人はデータが真っ白になったショックで、「頭のなかも真っ白に……」とまで落ち込んでいたが、周囲(というか岩橋さんとアリクイK子さん)は笑ってい受け流していたのが印象的だった(笑)。






もちろん、岩橋御大のトークはこの日も絶好調。

6連ラッパ「ゴッドファーザー愛のテーマ」の秘密など、ヨソでは見ることができない秘蔵カットを公開しながら、会場の空気をコントールしつつ予定の2時間半を一気に走り抜けた。

イベント会場側の反応も上々で「次回以降の開催もぜひご検討ください!」とのオファーも入ったということなので、第2回以降の開催もありそうな予感。

今回は見逃してしまったというアナタ。次回以降の開催を、お楽しみに!




▲この日は飲食チケットの半券で抽選会も行われた。目玉はチャンプロードの非売品プレゼントグッズ、暴ヤンくん人形! 激レア!





▲こちらが抽選会でのi-Q JAPANの戦利品。まとめて1名様にプレゼントしようとも思ったけど、それもグッズをご提供くださった方々に申し訳がないので、ただ自慢することにしました。やったぜ!


執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP