SUZUKI GS

【SUZUKI】純正風の外装までフルオリジナル!塗装と足回りを進化させたGS400

風防もカウルも付けず、フェンダーも鉄メッキ。オーソドックスなようにも見えるが、それは決して純正ノーマルということではなく、見た目はあくまで穏やかに仕上げているだけ。細部に注目すると、しっかり手が入っているのが、こちらのGSだ。





タイトルでも触れたが、タンクの外装は純正と同じEライン。2本のラインは薄紫の濃淡になっていて、ベースカラーのムラメタとの相性もよく、まるで元々こういったラインの純正外装が合ったのかと思うくらい計算されたカラーリングだ。




そして鉄メッキのフロントフェンダーの下にあるタイヤはUリムのスポークホイール。そこにダブルのディスクローターを装着している。

雰囲気は完全に純正ノーマルなのにダブルディスクという、ちょっとしたギャップが面白い。




そしてリアはスイングアームとトルクロッドがウエダレーシング、別タン付きのリアショックは○○○○製というしっかりとした作り。ハス切りマフラーは銘柄不明も、バランスの良さと焼き色が入ったエキパイが旧車感をより一層、かもしだしている。

それ以外にもウインカーをヨーロピアンにしてみたり、マーシャルのヘッドライトに換装したりと、細かなところにまで注意してある点にも注目だ。




\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

© 2021 i-Q JAPAN