SUZUKI GS

【兄弟車】ネオンカラー✕黒のツートンで統一したGS400コンビのバランス感が絶妙で素晴らしい!

バイクのテーマカラーを蛍光色にするという手法は全国的な広がりを見せ、今や一時的なムーブメントからひとつのスタイルとして認知されるようになった。ワンポイントに用いられたり、逆に全面的に取り入れられたりと、現在では様々な仕様が世に広まっている。

そして今回登場のGSは蛍光カラーが特徴的な、まさに兄弟車と呼ぶべき2台

 
 
 

いずれもE2ラインのGSらしいGSで、ともに今回の主題でもある蛍光イエローをテーマカラーに用いている

しっかり個別の特徴を持っていて、ライト周りに架装を施していない手前のGSはタックロールの三段シートに星キャス・ダブルディスクという、ザ・GSの仕様。

そして奥のGSはイノウエタイプのフルカウルを装着し足回りはセブンスターキャストにフローティングのダブルディスクで三段シートもダイヤカットという、全部がグレードアップしているという、両者のバランスがいい。
 
 
 




こちらの手前のGSはルックスこそ純正寄りだが、ダブルディスクの中央部やトノカバー、サイドカバーのアルフィンなど要所に手を加え、蛍光イエローでペイント。E2ラインというGSを強く感じさせるデザインもやはり蛍光イエローでペイントしているので、強いインパクトが残る。

さらに三段シートやオーリンズのリアサスなども色味を抑えて黒を用いているため目立たせたいパーツがより際立って見える
 
 
 





フルカウルを装着しているGSも同様のコンセプトで車両を仕上げているのが分かる。

先にも述べたように随所のパーツをグレードアップしつつ、もう一方のGSと歩調を合わせて黒と蛍光イエローの2トーンのような外装に仕上げている。

こうした場合、一方だけやりすぎてしまうとペア感が薄れてしまうものだが、そういった意味ではこちらのGS兄弟は協調性を保ちつつ、どちらか一方だけが目立つ形にはしていないという抑制が効いた仕上げが美しい。

個性を出しすぎると一体感が薄まってしまうが、仕様を合わせすぎると個性が無くなってしまう。その間の絶妙なバランスを保っているのが、何よりの特徴であり個性だということが伝わるコンビだ。

-SUZUKI GS

Translate »

© 2024 i-Q JAPAN|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン