SUZUKI GSX&GT

【GSX250L】コツコツ仕上げるとアヒルも白鳥に!LをEにミラチェン!

タイトルと写真を見比べて、「ちがくね?」と思ったアナタは真っ当で、むしろバイクに詳しい方かもしれない。たしかにGSX250L、いわゆる「アメゴキ」とは全く違う外装が乗った、見た目は完全にGSX250Eゴキだ!



じつはこちらの見た目ゴキのGSXは、もともとアメゴキだったものをコツコツとパーツを集めては装着し、すっかり外見を別の車両にチェンジしてしまったのだ。



外装デザインのベースは純正のゴキ。そこに純正っぽくもある、純正色ではないブルメタを持ってきたのはオーナーのセンスだろう。タンクの上面には、昭和生まれなら一目でピンッとくるジオン軍のトレードマークもペイントされている。



そして新幹線風防の装着具合がかなり綺麗。ステッカーチューンは表面だけでなく裏面にまで及んでいる。ハンドルとのバランスもちょうどいい。マフラーはアルミのクロス管。セッティングはどんな感じになっているのだろう?



適度にケツ上げしたBEETテールもいい具合の角度を保っている。三段シートも風防の高さに合わせて調整していると思われ、かなりバランスがいい仕上がりになっている。



同じGSXで250ccであってもLはかなりアメリカンの要素が強いバイク。それがこんな形になるのだから、やはり何事もコツコツ進めるといいことがあるというものだ。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GSX&GT

© 2021 i-Q JAPAN