SUZUKI GSX&GT

【GSX400E】知る人ぞ知る“すげえザリ”がさらに進化を遂げていた!

こちらのGSX400Eザリは東京のバイクショップ、K'sGARAGEの看板車。こちらのショップでは様々なメディアのバイクコーディネイトも同時に行っており、その存在が多くの方に知られた存在のバイクでもある。

「多くの場所でひと目に触れている」というだけでなく、そのカスタムの完成度の高さからも多くの旧車乗りから注目を集める存在でもある。「ザリがここまで進化するのか!」という驚きがあるバイクだ。




といっても、外装がそこまで派手なわけではない。

白地にグリーンの三本巻きはラメのラインでグラデーションを表現した純正風。風防やカウルの装着もなく、シートだけ入れ替えたら街乗りすら可能になるのでは? というシンプルさ。ただ、それが逆に車体のカスタムのスゴさを際立たせてもいる。





セブンスターキャストのホイールを履かせたフロントタイヤはダブルのフローティングディスクブレーキにブレンボのキャリパーをセット。カラーリングの統一感もさることながら、その装備の豪華さには驚くばかり。

さらにフロントフェンダーをまたぐようにセットされたスタビライザーは捻じりの角パイプを使用! この捻じりの角パイプはサイドスタンドやタンデムバーなどにも使用されていて、このザリを象徴するアイテムとなっている。





リアタイヤ回りも相当ゴツい。ブレーキをディスクに換装してオーリンズのリアサスに強化スイングアーム、そしてアルミ削り出しのキャリパーサポートからのブレンボキャリパーをダブルで装着! こんなに短文でまとめちゃいけないレベルの豪華さだけど、他の部分もスゴすぎるから一気にまとめるしかない! 

さらにLEDのサインプレートとかヒューズストッカーとか、小技もオシャレ!





そしてオーナー氏のイチ押しが、こちらの「三協オート社長に無理を言って仕上げてもらったザリ用デュアルサイクロン」だ。

元々、ザリ用は作っていないデュアルサイクロンを、何度も頼み込んで仕上げてもらったのだとか。たしかにコレは映える!

エンジンカバーのデザインやボルトキャップのオシャレさなども併せてエンジン回りも相当ヤバい。BEETのアルフィンカバーからはウオタニも透けてみえている





そしてリア回りも相当ヤバい。テールカウルはセレクトの当時物。真横から眺めると、ほとんど歪んでいないのが分かる。さらに角テールを合わせてクリアレンズのテールを装着。ウインカーもオシャレ! 夜の姿も楽しそう。





まだまだ細部を挙げていくと本当にきりがないのだが、意外と気付かれにくそうなのが、こちらのBEETのミニプレート。

カスタムによってできた“埋まらないボルト穴”にはめるためのプレートで、こういう細部にこそオシャレが宿るのではないだろうか。



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GSX&GT

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN