KAWASAKI SS/KH

【SS350】ナックルラインがカッコいい!70年代満載のマッハから昭和が漂う!

ナックルラインを知らない若者が増えているらしい。ということで事前に軽く説明すると、ナックルライン、別名・暴走ラインとは、70年代くらいの四つ輪旧車にはよく使われていた外装デザインのひとつ




よくケンメリだとかローレルだとかバイオレットなどのリアからサイドにかけて書き入れられることが多かった。




そのナックルラインがトレードマークとなっているのが、こちらのKH400だ。昭和の四つ輪と2スト3気筒バイクをこよなく愛するバイクショップ、トライスターズに集う仲間たちの“軍団カラー”としても知られていて、トライスターズの松田代表いわく「数えたことはないけど、全部で15~16台」は、同様のカラーリングをしたバイクが集まるということだ。




もちろんナックルラインラインだけが特徴というわけではない。リフレクターがついたヘッドライトステーや大ぶりの純正ウインカーは昭和バイクを感じさせるに十分なアイテム。ホイールはセブンスターを履かせて、ディスクはあえてシングルのまま。ホイールがより美しく見える。




外装カラーに合わせて赤く塗ったマフラーは、銘品・BEETの雷チャンバー! 存在感はありすぎるくらいにあるのだが、全体を調和させる意味でも不可欠なパーツだったに違いない




リアショックはコニー。ボディカラーとフレームに合わせたかのようなカラーがうまく全体のカスタムに溶け込んでいる。キジマのチェーンケースなど、さりげなくレアパーツが装着されているのも、オーナー氏の見る目の確かさが感じられるポイントだ。




そして人気のカットアップ・テールと組み合わせたぺらっぺらのシートがかっこいい! 純正のあんこ抜きだが、これだけシートを薄くすると、それだけでサムアップのようにも見える。




\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-KAWASAKI SS/KH

© 2021 i-Q JAPAN