旧車會 特集

【絶対聴いてるでしょ】単車乗りが聴いてそうなHIPHOPアーティスト5選【独断と偏見】

これは単車乗りに限ったことではないが、あくまで今回は、「単車に乗ってる人だったら絶対この曲聴いてるやろ!」といったアーティストをi-Q JAPAN編集部員が独断と偏見で選んだものであることを理解していただきたい。

「単車乗りにHIPHOP」は、いわば「鬼に金棒」、「サトシにピカチュウ」、「和田アキ子に紅白歌合戦」ほどのセットではないだろうか?

そこで今回は、超チルな新人編集部員のヨン(25歳)が、皆んなの共感を確実に得るために超王道HIPHOPアーティストだけをピックアップ!

もし知らないアーティストがいれば、これを機にぜひ色々聴いてみてくれ!中には聴き終わった後に「あ、俺今なら喧嘩誰にも負ける気しねーわ」と勘違いしてしまうほどブチアガる曲もあるぞ!


1.BAD HOP



まずはこちらのギャングみたいな見た目をしている8人組HIP-HOPグループ。

海外HIPHOPをテイストにしている曲が多く、ビートがとにかくカッコいい!!

センターの2人は双子の兄弟で、8人とも相当な不良だったのは有名な話。

メンバー全員が20代でありながら、20代HIPHOPアーティスト初の日本武道館でのライブも大成功。今やHIPHOPシーンの最前線で活躍する超実力派グループである。

🔻【超チルな新人編集部員のヨンがオススメする一曲がこちら】🔻




2.AK-69



この人は言うまでもないだろう。KING OF HIPHOP

新人編集部員のヨンも「青春時代をAK-69の曲と共に過ごした」と言っても過言ではない。

世の中にまだガラケーしかなかった頃、音量MAXで「Ding Ding Dong〜心の鐘〜」を流していたのは新人編集部員のヨンだけじゃないはずだ!

HIPHOPの最新情報をいち早く知れたり、AK-69のオフショットが見れるInstagramも面白いので是非チェックしてみてくれ。

AK-69のInstagramはこちらから


🔻【超チルな新人編集部員のヨンがオススメする一曲がこちら】🔻




3.舐達麻

HIMAMEDIAより画像引用



埼玉県の熊谷を活動拠点とする3人組。

現在はリーダー以外の2人が「人生と向き合う合宿」に行っているため活動休止中。

今、日本で最も注目されているビートメーカー「GREEN ASSASSIN DOLLAR(グリーン・アサシン・ダラー)」が楽曲のプロデュースを手がけるなど、最高にイケてるビートに独特な歌詞が超チルい。

一度聴くともう中毒。まさにガンジ…… おっと、言葉が過ぎたようだ。

🔻【超チルな新人編集部員のヨンがオススメする一曲がこちら】🔻




4.¥ellow Bucks

JPSTREETより画像引用



「若手ラッパー」という括りであれば、¥ellow Bucksは今一番勢いがあるラッパーではないだろうか?

デビュー後、たったの3年で数多くの大物アーティストとのコラボも果たしている。

ではなぜ彼がここまで急激に人気になったのか?それは独特なあの「声」だろう。

どのHIPHOP曲にもマッチしそうな「あの声」。彼が仮に「となりのトトロ」を歌ったとしても、それはもうHIPHOPとして成り立つかもしれない。

抜群のリズム感にあの声はまさに「のび太にドラえもん」、「悟空にベジータ」、「マイキーにドラケン」とでも言うべきでだろうか。

🔻【超チルな新人編集部員のヨンがオススメする一曲がこちら】🔻




5.Awich

HARDESTより画像引用



今のHIPHOPシーンにおいて女性ラッパーはそれほど珍しいことではない。

女性でも男勝りなイケてるラッパーを数多く知っている新人編集部員のヨンだが、Awichはやはり別格だ。

写真からも伝わる「圧倒的ラスボス感」

それは曲にも表れており、とにかく力強い歌い方と表現がAwichの特徴。

HIPHOPシーンの最前線で活躍するラッパーたちが、こぞって「姉さん姉さん」と言っているのも無理はない。

さらにMステへの出演経験もあるなど、ヒップホップファンだけでなく音楽シーン全体にインパクトを与え続けているAwich。今後もオリジナルな彼女の作品が世界に広がっていくことだろう。

🔻【超チルな新人編集部員のヨンがオススメする一曲がこちら】🔻




番外編

ここからは新人編集部員のヨンが個人的に「近いうちに絶対バズる!」と予想している若手アーティストを「番外編」としてご紹介。

バズりだしてから友達に「え、この曲今更聞いてんの?俺はかなり前から聞いてるけどな!」なんてドヤ顔でマウントを取るためにも今から要チェック。


新人編集部員のヨンが注目してるラッパーがこの人🔻

O.A.KLAY



なんだろう。「何が良いのか?」と言われれば、具体的なことは音楽評論家や歌手ではないのでお答えすることはできない。

ただ、初めて聴いた時に「やっぱぁ〜ビビッときてるよぉ〜〜」となってしまった。

バズる保証はないけれど自信はある。「O.A.KLAYがバズらない可能性、これ一切な〜い!」

ついテンションが上がってしまい取り乱してしまった。申し訳ない。

口で説明するよりとりあえず一度聴いてみてくれ。きっとハマるはずだ!

🔻人編集部員のヨン注目のアーティスト 「O.A.KLAY」の曲を聴いてみたい方はこちらから🔻


いかがだろう。一度は聞いたことのあるアーティストばかりではないだろうか。

他にもたくさんご紹介したいラッパーはいるのだが今回はこの辺で。

「この人は絶対に皆んな聴いてるでしょ!」とか、「このグループは聴かないかなぁー」と思う方も少なからずいると思うが、あくまで編集者の独断と偏見なのでご勘弁!!


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-旧車會, 特集

© 2022 i-Q JAPAN