旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【視聴可能】abemaTVが令和の暴走族&旧車會を超まじめに考えていた!【真剣討論】

2019/06/28

COLUMN

単車&暴走族関連記事

テレビの中の暴走族は、いつからか「真剣味」が影を潜めてしまった。しかし今回、暴走族や旧車會という存在に、真っ向から切り込んだ番組が放送された! 
ネット界隈だと、暴走族や旧車會は世間に不満を持った人々の、格好の標的になる。

擁護するわけではないが、暴走族は世間的に認められない部分と、世間が認めざるを得ない面の、両方を併せ持っている。

交通ルールは守らないが、コミュニケーション能力は平均して高く、上下関係は遮二無二守る。

誤解を恐れずに言えば、自分たちとは真反対の存在。だから、正義を振りかざすにはちょうどいい存在なのだ。





ではそれが、ニコニコ動画やヤフー知恵袋ではなく、匿名性の高くない、メディアの現場だったら?

そんな番組が、インターネットテレビのAbemaTVで放送された!



「AbemaPrime」という、連日放送している夜の報道番組で、この日の特集として、旧車會と暴走族が取り上げられていた。



パネラーには、我らが岩橋健一郎御大ケンドーコバヤシを始め元NMB48の山田菜々、元TBSアナウンサーの小島慶子など、著名人多数。





昭和の暴走族の歴史から始まり、令和に生きる現役暴走族の実態





そして暴走族を含めた「ヤンキー」の秘めたパワーを認めて、積極的に社員登用して実績を挙げている企業のルポ。





さらには法規を守って走る、旧車會の存在など、フラットな観点で暴走族や旧車會を紹介してくれた。

圧倒的な知識量の岩橋御大が全体をリード。自身もバイク乗りで少年時代はヤンチャな友人が多かったケンコバ、さらには「おかあさんがヤンキーだった」という山田菜々らは、どちらかというと暴走族寄りのスタンスだったのは、かなり好印象だった💛





特に族車の仕様については一同興味津々で、特に驚いていたのが、これ。



「族車は、このままの姿で車検を取って公道を走ることができる」



という事実。一般の認識としては、暴走族のバイクは違法改造のはずが、車検も取れることにかなり驚いていた。





普段の、ヤンキーが出てくるだけのテレビでは決して知り得ない情報で、こうした情報が出せる場所があったことは、本当に貴重だった。

見逃した方も、7月2日まではabemaTVで視聴することができる

昨今、なかなかお目にかかれない骨太な内容なので、是非ともご覧いただきたい!

AbemaPrime 暴走族が減少した令和時代…でもバイクを楽しみたい!「旧車會」が今は人気? 懐かしの”族車”もスタジオに生登場




参照元:AbemaTV
執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP