旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【CRC友池】九州から発信し続ける意欲的なカスタムショップ『CRC友池』を訪問したぞ

2017/11/20

COLUMN

単車&暴走族関連記事

自称・街のバイク屋さんが挑み続ける、単車カスタムの新境地。伝統と革新の両面から様々なスタイルを用いて、新しい単車を生み出すCRC友池さんに、その真相をうかがった!!

九州は福岡といえば、単車改造に”爆発カラー”や“ブチ上げ”など、伝統的なスタイルがいくつかある。もっと細かいことを言えば“悪魔テール”や“シャークマスク”なども、そのたぐいだろう。スタイルそのものが印象的なのはもちろんだが、そのネーミングセンスにも、本当に感心させられる。

現物を知らない人でも、まず間違いなく興味をそそられるインパクトがあるし、実物を見たら「はぁなるほど!」と、確実に納得させられてしまう。自然発生的なネーミングなのだろうが、コピーライターとしては相当優秀な部類に入る。

こうした単車改造の技法は、いずれもプライベートで完成されていったもので、自家塗装や手作業だからこそ生まれた文化といっても過言ではないだろう。裏を返せば、単車改造を専門的に扱うショップが少なかったから、という側面も。良い悪い、ではなく、これまでがそうだった、という話だ。


そんな九州に、伝統技法に頼らない単車が目立つようになってきた。それも、ただ関東や関西の単車を模倣するのではなく、オリジナルな要素を加えた単車が。これは面白いと興味深く探ってみたところ、いくつかのショップに突き当たった。そのひとつが、こちらの『CRC友池』だ。

「自分が現場で学んできたというより、オーナーさんがたの意識に変化があったんだと思います。元来が新しいモノ好きな面がある地域なので、そういった場所で見た単車から新しい発想を得ていたのではないでしょうか?」(友池代表)

もちろん、それがすべてでないことは友池代表も語っていた。関東圏、関西圏と交流が密なオーナーはいたし、もっと前から福岡色を薄めた単車を作っていたオーナーもいた。ただ、それが顕著になったのが、この10年くらいではないか、ということだ。


そして、その流れに対応してきたのが友池さん。ただの模倣ではなく、そこにひと味、オリジナリティーのある要素を加えて、独自のカラーを発信し続けてきた。

「ただ、それはオーナーさんの意向あってのことなので。あんなことはできないか? これはどうだ? っていうアイディアは自分も持っているつもりですが、そのさらに上をいかれることもあります。意識はめちゃめちゃ高いです」(友池代表)


そしてもうひとつ、依頼が多いのが公認車検の取得。友池代表は整備士の資格を持っているので、書類を作成することができる。意外なことに、旧車會仕様の単車でも公認を取るのはさほど難しくないのだという。

「いくつかポイントとなる条件はあるのですが、そこさえクリアして頂ければ。そんなに大ごとではないですよ。さすがにブチ上げや悪魔テールとなると、難しいかもしれませんが(笑)」(友池代表)

法律に定められた数値があって、そこをクリアすれば書類は通るという、至ってシンプルな話。けっして裏技的な手段を使うのではなく、法律にのっとった正規の手続きで申請すれば、車検証は取れる。そして、そのためのノウハウが、こちらCRC友池さんにはある。これは、覚えておいて損はないだろう。


そんな友池代表を信頼し、多くの単車乗りが集まってくる。この人脈こそが財産です、という友池さん。そしてその人柄こそが、このショップの財産でもあるのではないか。

以下、こちらでプロデュースした単車をいくつかご紹介したい。画像を左右にスライドしていただければ、パーツなどの詳細画像もご覧いただけます。


GS400
ピンクのファイヤーパターンが眩いGS。フルカウルと三段シートのバランスの良さは、神奈川の単車を連想させる。エンジン周りは様々な手法を使って随所を塗装。フロントはダブルアンチにブレンボのキャリパーを装着、レース用のスイングアームに換装と、走りの面にも意識があるのが分かる。


GS400
ショップのデモカー的存在のGS。E2ラインに日章を組み合わせるというデザインが秀逸なのだが、その色使いがまた斬新。パープルにゴールドの組み合わせが艶めかしい。エンジン周りの塗装もさることながら、タンク上部とフルカウルの一部に、透かし彫りのような加工を施している。これはぜひ現物をご覧いただきたい!


GS400
くしくも、この日撮影させていただいた車両は、すべてGSとなった。イノウエのブルドック三分割タイプのカウルで、他の2台よりは雄々しいイメージ。ラメの上からタイガーパータンをソリッドカラーで描くという大胆な手法を用いた外装が目立ちまくり。トライバル調の虎もカッコいい!


【CRC友池】
住所:福岡県福岡市東区香椎浜2丁目3−23
電話番号:090−4997−0543
営業時間:9時30分〜20時30分
定休日:日曜・祝日


TOP