旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

怒璃瑠の『デメキン』舞台挨拶記!最前列おったらバッドボーイズ・佐田がめっちゃチラチラ見てきたwwww

2017/12/04

COLUMN

【連載】ウルトラマルチクリエイター怒璃瑠(ドリル)

デメキン舞台挨拶で、まさかのハプニング発生! 真っ赤なブルゾンを着たアイツの記事です!! 心配しないでください。ただただふざけた内容です。最後まで軽い気持ちでお楽しみください

i-Qで書かせてもらうのは今回が初めてやから、 とりあえす自己紹介から行くわ。

皆さん初めまして!
i-Q JAPANスタッフの怒璃瑠(ドリル)やで。チャームポイントは昭和感にこだわったオシャレ抜きのパンチパーマや。夜露死苦!

この前12月2日(土)に新宿・シネマートで映画『デメキン』の舞台挨拶があるってことでオレも取材に行ってたんやけど、舞台挨拶中まさかの嬉しい出来事が起こったから書かせてくれ。とりあえず自慢だけさせてくれ。


これが新宿の会場に向かう前の自撮り。 めちゃめちゃ渋いやろ?

とりあえず『デメキン』ってのは、バッドボーイズ・佐田の現役時代の話をモデルにしてるってことやから、その時代に合わせパリッとキメてみた。さすがの佐田もオレの姿見たら、気になって話しかけてくれるんちゃうかな~思て。

赤ブルゾンに白スラックスに自家製デメキンマスク。中に来てる服も当時物や。

この眉毛と剃り込みも朝、自分でやったんやで。結構皮膚がキレて痛いんじゃこれが。


会場に着いたで!

ファンの女の子らがチラホラおるなぁ。

誰もオレに「写真撮ってください」って言わへんのはなんでや。


よ~し。やっと舞台挨拶が始まったぞ!

もちろん一列目で、 佐田の目の前を陣取ったったわ。

さっそく佐田がなんかオレのほうをチラチラ見てきよる気がする。

さすがにまだ気のせいなんか・・・?


む? ちょうど今、チラっと見たな。


むむ? あれ、見たよな? 見てるよな?


「やっぱ見とるーーーーーーーーーーーーーーー( ゚Д゚)!!!!!!!」

今、完全にオレを見たぞ!

佐田がチラチラがオレのこと見てるのがレンズ越しでも分かる(笑)。

これは確実にオレのことが気になってる証拠やぞ!



このあとも、どうもオレのことが気になってる様子の佐田。

どうする? どう出てくるんや?


佐田「さっきから気になってたけどキミ、ホンマに記者か?」

「イジってきたーーーーーーーーーーーーーー( ゚Д゚)!!!!!!!」



願いが叶った・・・・・・・・


予想外のハプニングに、ほかの記者たちもオレをバシャバシャ撮る。


このあと舞台上でキャストの集合写真を撮ると一社ずつ撮影が始まり、オレ(i-Q JAPAN)の出番が回って来た。

すると、まさかの佐田が……


佐田「君はこっち上がってこなアカンやろ~」

またしてもラッキーなことに、イジられた!

そして他社の取材陣を抑え、オレだけが舞台上へ上れることに……( ゚Д゚)


(キタキタキタキターーーーーー!!!!)


(こうなったらもう、お前らイケメンをうんこ座りで撮ったるワイ)



そうしてオレが撮影できた、 あの場の誰もが撮れなかった舞台上で一枚がコレや!





▲めっちゃええ写真やろ?



まぁみんな男前やったし、映画もおもろかったし最高やったな!

舞台挨拶が終わったあと女の子が駆け寄ってきて「剃り込み触らせて下さい♥」とも言われたしな。

とりあえずステッカープレゼントしたったわ!

満足、満足!

ただひとついうなら、

なんで舞台挨拶にヒロイン役の『今田美桜』来てへんねん!!!!

正直一番絡みたかったんやぞ……(泣)。

これからもオレはヤンキーが出現する場所には絶対行くから、 みんな覚えといてくれよ!

名前は怒璃瑠(ドリル)や!

もう一回言うぞ!

写真オッケー、
サインオッケー、
怒璃瑠(ドリル)
や!

またどっかで会ったら夜露死苦な。

『デメキン』見てへんやつは、
今すぐ映画館に行け!!


デメキンHP:http://demekin-movie.com/
執筆者:怒璃瑠(ドリル)


▼オレよりはイケメンじゃない俳優たちの写真もサービスしとくわ! ▼動画もチェック!!

TOP