旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

富士河口湖オートジャンボリー⑬ 入場ゲートで一網打尽!? 単車ギャラリーHONDA CB750 Kシリーズ編

2017/08/02

EVENT

富士河口湖オートジャンボリー

やはり単独の台数でいくと、かなりの多数派になるCB750FOUR。Zと並ぶヴィンテージバイクの2大人気車種だけに、様々なタイプが揃った。
オーナーの意思が如実に表れる単車
ひとくちにKシリーズといっても、最初にK0タイプが発売されてから最終型のK7が世に出るまで、およそ10年の歳月が流れている。砂型エンジンのK0など、より原点に近い状態の単車が人気だが、こういったイベントに参加する単車はひと癖もふた癖もある改造を施している車両も少なくない。

昨今の絶版車ブームで再び注目を集めつつあるKシリーズ、じっくりご覧ください!

がっつりカスタムしたCBは、この日のラインナップでは少数派。しかしながらカッコのよさもハンパない。

ほぼノーマルの状態を保っているK0。ヘルメットから名古屋のオーナーさんでしょうか。Kシリーズの有名な専門店もあるので、コンディションもよさそうだ

中京地区、特に名古屋では非常にポピュラーだというポリススタイル。ヘルメットも、通称ポリヘルと呼ばれるポリスメンスタイルが通例だ。

こうした個性を前面に出したタイプの改造は、kシリーズの単車には意外と少ないのがわかる。そんなのは百も承知の上で改造してしまうオーナーさんの心意気が素晴らしい!

“鯉のぼり仕様”と呼ばれるK4だが、シートはK0のダックテール。CBを象徴するパーツだけに、譲れない思いがありそうだ

ギャラリー

TOP