【旧栃2022】コールも仕様もビシッときまった2発吐き部門のバブがヤバかった!

2022年11月4日

こちら北関東のイベントでは恒例となりつつあるコール大会2発吐き部門。というか、ほぼバブ乗りのためのコンテストだが、やはりバブにはバブの、サンパチでもGSでもCBXでもない独特の音色があって、愛好家も多い。

コンテスト出場者は仕様もバチッと決まったバイクも多く、雄姿を見るのもひとつの楽しみだ。

バブ部門のトップバッターはパドックでもコース上でも随所でコールを轟かせていた、キンちゃんさん。持てる力はいかんなく発揮していたのでは!?


ウェザリングで表面をサビサビにしたメガホンマフラーを轟かせていたハルトさんのバブ。コールの巧みさもさることながら、星キャスに3本巻きというザリっぽいバイクのカスタムもイイ!


チームのスカジャンを背負って参加のヤイピーさん。アップハンに軽スロというコールが切りやすそうなハンドル周りに耳カットのカウル、メガホンマフラー、約80センチ延長の三段シートとバイクのスタイルも個性的でコールも刺激的! 


裏コムに黒エンジンのスーパーホークⅢに真っ赤なメガホンマフラーが印象的なアキトさんのバブ。ケツ乗りの少年も数年後には出場者として戻ってくる……んだろうか?


角タンクに初期型サイドカバーの“78年のバブ”を白と紫で塗り分けているという、ありそうでなかった富士日章のスタイルがバブっぽい! 意外とメガホンマフラーじゃないスタイルは少数派だった!?

そして優勝者はカケルさん! 準優勝はアキトさん、第3位がキンちゃんさん! バブ乗りが多い北関東でこの受賞はひとつのステイタスだろう。受賞者の皆さん、おめでとうございます!

-

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN