【プロジェクト乱】フルカウルを装着したGSの無敵感がヤバい!【GS400編part3】

2021年7月25日

フルカウルを装着したGSは塗装の表面積がアップすることで、その世界観が増強される。ポイントにまでこだわったオーナーさんが多く、タンクなど外装との統一感や、逆に差異を見せる仕上げがバチッと決まった車両が多い。プロジェクト乱の会場となったつくるまサーキットを走る、そんなカウル装着のGSをまとめて紹介します!


元祖ヤラレ仕様⁉ の日月輪業が制作した日章のヤラレ。色使いの渋みもさることながら漢字の筆文字がイカシている。足回りはBEETのキャストホイールにダブルディスクを装着!


星キャスにFSのダブルアンチを装着。ボトムケースとエンジンカバー、スイングアームをメッキにして大人っぽく攻めた。ポイントカバーでも分かるように三協オートのバイクでマフラーも三協製だ


イノウエタイプのフルカウルにダークなファイヤーパターンが美しい。足回りに使用しているオレンジとブルーは色相学的に補色の関係にあるのでどちらの色みも引き立つ


現役時代にK察から追いかけられたとき以来の3ケツですか(笑)?この時期から英才教育を積んでいればリアルな年齢になったら超エリートとして羨望の的になりそう


グレーとオレンジのツートンは珍しい組み合わせ。足回りは星キャスを白と黄色で塗り分けてさらにカラフルに。マフラーは三協オートのAGデュアルサイクロン。カッコいい!


タテにまっすぐ伸びた三段シートは1メートル超えのお化け三段!ボカシを加えたピンク×パープルのE2ラインは超セクシー。フレーム&セブンスターは赤で塗って全体をグッと引き締めた


“のの字”のタンクに合わせてイノウエタイプのフルカウルや前後のフェンダー、サイドカバーなども華麗にペイント。足回りのカスタムも一切の抜かりが無い大人のLだ


コールやウィリーでも存在感を示していたので、イベントに参加した方ならこちらの単車は記憶にあるのでは? キャンディーやメッキの使い方が美しい!


黒ではなく濃紺と2色のイエローを合わせたカラーリングにセンスを感じます。足回りはBEETのキャストホイール&ダブルディスク、リアはレース用スイングアーム&トルクロッドでがっちりキメた

▼プロジェクト乱関連の記事はコチラにも
【イベント速報!】第一回プロジェクト乱が大盛況!今年最初のサーキットイベントが熱狂の渦に!
【コール動画アリ】超盛り上がったプロジェクト乱をすぐ振り返る!【つくるまサーキット】
【プロジェクト乱】レベルがハンパない!コール大会4発・吐き部門を大公開【動画アリ】
【プロジェクト乱】吸い込み部門出場者公開!新時代の猛者たちがスゴい!【動画アリ】

▼全出場者のコールを集めた動画がコチラ

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-

© 2022 i-Q JAPAN