旧車會

【深掘り】令和に続くスズキの代名詞にもなったGSX400FSの初代は意外な名車だった!

GSXといえば、前期のザリ、または後期のカタナが思い浮かぶ方が大半だろう。

しかし! GSXには2発だけじゃなく4発もある!

それがGSX400F&FS!

1980年前後にカワサキのFX400から始まった400㏄4発戦争のなかで登場したスズキの代表選手がこのGSX400F、そしてGSX400FSだ。

今回は改めて、このF&FSについて深掘りしてみたい。



GSX400Fが誕生したのは1981年。79年にカワサキがF400FXという、当時は世に耐えて久しかった空冷4発の中型バイクを大ヒットさせたことで巻き起こった一大バイクブームの真っ最中に発売された。

当時はナナハンに乗るための試験がとても厳しく(いわゆる限定解除というヤツ)、「400㏄でもナナハンみたいなバイク」が求められているという時代背景も、あるにはあった。

ただ、そんな理由では済まないくらい、空冷4発の人気は爆発的だった。

それなのに、GSX400Fは売れなかった。



スペック的には売れてもまったくおかしくなかった。先行していたFX、XJが2バルブだったのに対して、中型では初めての4バルブを採用。いわゆる“片アンチ”といわれるアンチ・ノーズ・ダイブ・フォーク(ANDF)も、このジーフォア用に開発されたものだった。

さらに言えば、丸型タンクの中央にプレスラインを加えたのも、このジーフォアが最初。エンジンにもシステムにもデザインにも、新しい要素を加えた大力作だったが、問題はタイミング。

79年にカワサキからFXが、80年にヤマハからXJが、そしてこの81年にジーフォアが発売されたが、世間は残る1社、ホンダがどんなバイクを出すのか待って“しまった”。



なにしろホンダは、あのヨンフォアを世に送り出したメーカー。世間が期待しないハズがない。そしてホンダはCBX400Fという後世に残る名車を発表し、その期待に応えてみせた。

かくして世の大勢は一気にCBXへと傾く。“割りを喰った”CBXじゃないほうの400Fは、起死回生の手段としてレースシーンで大人気だったヨシムラと共同開発したGSX400FSインパルスを投入する。

当時は認められていなかったシングルシート風のデザインを施したセミシングルシートに黒エンジン、セパレートハンドル、そして目玉はスズキと共同開発したヨシムラサイクロンの標準装備!

それでも、GSX400Fは売れなかった。



すでに400㏄の4発を欲しいと思っていたバイクファンは、ほぼ欲しいバイクを買ってしまっていた。逆に、発売がもう数年後であれば、結果は違ったかもしれない。

旧車會でもフロントフォークの“ダブルアンチ”だけGSに移植する人続出の、マイナー車扱いに。それでもFS好きには唯一無二の存在。最近の旧車再評価の流れのなかでは上昇度ナンバーワンと言ってもいいほど価格が上昇していて、まだ天井は見えないくらい。

すでに200万円の声も聞こえそうなレベルで価格は動いているので、所有している方はラッキー? 売るつもりはないだろうが、管理は慎重に。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-旧車會

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN