未分類 単車&暴走族関連記事

【勝手に解決】合法的フルカウル装着の基準は〇センチまで!これ結構な数字じゃない?

旧車會系カスタムの究極系は、カウル装着だろう。フルカウル、デュアルカウル、ロケットカウルとパターンはいくつもあるが、いずれにしてもシルエットが変化し、塗装面が増え、風の抵抗を減らす……ケースもあると思われ、メリットは多い。

LEDを仕込んだり、塗料を換えてみたりと仕掛けも色々と考えられるが、ベース車に元々カウルが付いていないバイクの場合、結構な確率で非合法になってしまう。

これは旧車會のバイクに限らず、他のバイクでも四輪カスタムでも状況的には似たようなものだが、そのまま取り付けただけだと車検に対応できない仕様となってしまうことがほとんどだ。




それは無許可で構造変更を行える幅が決まっているから。バイクの場合は高さが4センチまでと決められている。

4センチまで!?

ハンドルの高さをちょっと変えたら4センチくらい、すぐにいってしまうじゃないか!

ショップのスタッフや古くからバイクに乗っている方なら常識の範囲かもしれないが、まだ乗り始めの方はご存じでない方も少なくないのでは?




そもそも、カウルは元々がレース用のパーツで、セパハンに合わせて装着するものだから旧車會のイメージで考えると適正の装着位置は相当低く感じるはず。

それでも4センチという数字はあまりにも絶望的。ではどうするかというと、構造変更すればいい。車検の際にショップの方に書類を作ってもらって、そのままで車検が通る仕様にしてしまえばいい。

ただ、視界が遮られてしまったり、強度的に無理な高さにしてしまうと構造変更の書類は通りにくいので、ご注意ください!

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-未分類, 単車&暴走族関連記事

© 2021 i-Q JAPAN