SUZUKI GSX&GT

【GT380】仕上がり良好!当時物パーツ多数で渋く&オシャレなサンパチが大人過ぎる!

ミドルクラスのバイクは350ccが主流であった時代に、あえて380ccスケール採用で登場した異端児のスズキGT380。弟分であったGT250のエンジンは、ボア×ストロークが54×54mm、排気量247cc、空冷2ストローク2気筒エンジンを搭載しており、GT380のエンジンはGT250にシリンダーを1つ追加した3気筒エンジンという流れを経てこの排気量となったわけだ。


今回はこのカスタムを一目見た瞬間に思わず「シブい!」と声に出してしまった。

外観こそ唐突さを感じさせない当時のB6純正を基本としているが、まずはメルバのキャストホイールが実に美しく、さり気ないレーシーな感じで個性を主張している。

フロントホイールにはトレンチカット加工されたディスクローターがひときわ目を引く。
トレンチカットの溝部分は車体と同系色の塗装がされているあたり実に細かい部分ではあるが、そのこだわりがグレードの高いセンスの良さを感じさせてくれる。

トレンチカット加工は見た目のカッコ良さはもちろんのこと、さらにはブレーキの特性向上にも一役買っているであろうことが容易に想像できる。



透明ポイントカバーはその名のとおりスモーククリアー状態のカバーなので、実際にポイント点火がチェックできるドレスアップパーツであり、ただでさえデリケートで気難しい点火系のコンディションを常にベストに保つために、目視で確認できる実用性の高いパーツといえる。

他の誰かと被りたくないカスタムを目指すなら透明ポイントカバーは是非お奨めしたい。





1970年代当時のスズキが独自の最新技術を惜しみなく注ぎ込んだ2ストローク3気筒エンジンは、あたかも電動モーターのように吹け上がり、4ストローク6気筒に匹敵するバランスと謳われていた。

当時のバイクは空冷がメインであり、ミドルクラスのバイクに水冷を採用すると非常にコストがかかり高額設定にせざるを得ない状況だった。そこでスズキは空冷エンジンの弱点である冷却性を向上させるためラムエアーシステムをGT380に採用した。

角張った空気導入ケースでシリンダーヘッド付近を流れる空気の流れを速くして、エンジンヘッド周りの冷却を効率化させるという仕組み。

直列3気筒エンジンは熱を持ちやすく、特に中央シリンダーはフロントタイヤが風を遮断してしまうのでエンジン上部カバー中央部分の形状を膨らませて風を集約させる構造となっている。これがラムエアシステムだ。どれほどスズキがこのマシンを完成するまでに研究を重ねてきたかが伺える。





その高性能エンジンの排気をまとめているのは城北ムラカミのショート管。軽快な排気音と潤滑油の焼けるにおいはなぜかそれだけで心を躍らせる。

2ストに付き物のオイルでベタベタになる事すら、GT380乗りにとっては魅力の一部だ。発売開始から約半世紀を過ぎたGT380であるが、その魅力は語りつくせない。





1973年にオイルショックが起こったことで当時の2ストバイクの存続が難しくなり、改良を重ね製造されたが時代の流れには逆らえず1979年にGT380は生産終了となった。

そういう厳しい時代を駆け抜けたGT380だからこそ、いつまでも大切に乗り続けてほしい。




\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GSX&GT

© 2021 i-Q JAPAN