SUZUKI GSX&GT

【GT380】これぞ往年の不良仕様!ノスタルジックな雰囲気が漂うサンパチに熱視線!!

“サンパチ”の愛称で知られるスズキ GT380。マフラーが中央で2分割となって4本出しになるという独特のフォルムや低速でも扱いやすかったことから、当時の教習所で教習用のバイクとして採用されたことでもおなじみ。当然、その乗りやすさと個性的なフォルムは暴走族からも愛され、今も旧車會では根強い人気を誇る。

そんなGT380のチューンと言えば、マフラーが中央で分かれる4本出しのフォルムをどう生かすか、そしてどれだけ不良っぽくするのかがキモ。秋田県で活動している旧車會「のんべーず」のサンパチはそのあたりをうまく考えてチューンされている。
 
 
 

「ナックルライン」でペイントした外装はブラウンのラメ塗装にゴールドラインが入り高級感のある仕上がりに。長めの三段シートを備えたことで不良っぽさがアップした。
 
 
 

ホイールは星形などではなく、エクセルUリムに。細いスポークが入ったことでより高級な雰囲気を醸し出している。
 
 
 

サンパチの要とも言うべきマフラーはヒヅキ管を選択。オリジナルに対するリスペクトも感じさせつつオリジナリティを加えた逸品と人気の高いマフラーでもある。

スイングアームはウエダレーシング、そしてエンジン回りのカバーはスガヤレーシングのものにした。
 
 
 

シートは川口の80センチ三段。タンデムバーもしっかりと付けてある。
 
 
 

メーター周りはかなりシボったハンドルが印象的。ちなみにカスタムは秋田のショップ、ガレージリングにて行った。

サンパチの良さを最大限に生かすことに注力しつつ、カラーリングを工夫することでどこか高級感さえ感じさせる仕様に。これぞ旧車會の王道とも言えるチューンだろう。

-SUZUKI GSX&GT

Translate »

© 2024 i-Q JAPAN|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン