SUZUKI GSX&GT

【GSX250T】マーシャルのライトにホワイトパワーのサスが印象的!?なトラザリは仕様全体がユニーク!

2022年9月5日

一瞬だけ見ると「変わった雰囲気のGS?」となりそうだが、実際のところはGSX250T、いわゆるトラザリだ。元々のスタイルはもっとアメリカン寄りで、タンクもサイドカバーも形状が若干異なるのだが、形状はグッとGSに寄せているのが面白い。





タンクそのものも面白いが、その仕様も相当ユニーク。タンクやサイドカバーの表面全体にステッカーを貼ったステッカーワークでバイクを表現しているのだ。

なかには「䥝(みなごろし)」や「全狂連」などの暴走族関係のステッカーもあるのだが、レタリングが優れたステッカーを重て、これを全体的なデザインにするというアイディアが秀逸だ。






そしてユニークなのはステッカーワークだけではない。ヘッドライトが猫の絵を入れた“疑マーシャル”、そしてリアサスも手書きでブランド名を入れた“疑ホワイトパワー”。あえて取り上げることも無いのかもしれないが、こうした遊び心があってこそ、他人と違った発想が生まれるのだろう。






ただ、これが“遊び心”なのか“元々そういうセンス”なのかといった部分も重要。だが、それに関して言えば、ライトやハンドル周りの処理を見れば、しっかりセンスがあるのは一目瞭然だろう。

ちなみに、目線だけ残した族ヘルも表面にサビ加工を施して、こちらも目を引く仕様に。こんなところにも遊び心は見て取れる。

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GSX&GT

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN