旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【裏ネタ暴露】『実話ナックルズナイトvol.1』取材レポート|ヤンキー界の重鎮『岩橋健一郎』の絶対に公開できない写真がガチで公開できない件……

2017/09/10

COLUMN

旬ネタ&速報

開催日:2017年9月8日(金)
時 間:OPEN 18:00 / START 19:00
会 場:新宿御苑ROSSO(東京)

ナックルズ初のトークイベント
『実話ナックルズ』といえば裏社会、事件、アウトロー、芸能スキャンダル、などといった日本のダークサイドを扱う実話誌。2001年の創刊から16年、出版界にて不動の地を築き上げている。最近では、女優『河●麻●子』の混浴&キス写真が掲載されたことでもかなりの話題を呼んだ。今回、そんな『実話ナックルズ』が初のトークイベントを開催するといった情報を入手。イベントのタイトルは『実話ナックルズナイトvol.1』である。告知フライヤーを拝見させて頂いたところ、表には出られない超ヤバいゲストが裏ネタを持って出演とのこと。ゲストにはヤンキー界の重鎮であり、不良文化評論家の『岩橋健一郎』も出演予定。「これは凄い裏話が聞けるかもしれない」。そう思い、会場へと足を運ぶことにした。

新宿御苑、会場前
『ナックルズナイトvol.1』の会場はここ、『新宿御苑ROSSO』。新宿区新宿1丁目に位置する会場の周りには、週末だからか多くの飲食店で賑わっている。時刻は19時前、会場は地下1階。写真中央付近の階段を降りると入り口に到達する。さて、中では一体どんな裏ネタが暴露されているのだろうか……。

ゲスト陣の表には出せない超危険な話
会場となった新宿ROSSOの収容人数は150人ほど。このサイズなら密会、トークイベントを行うには好都合だ。来場している人の大半が30代~50代の、世の中を熟知した大人たち。男性が8割、女性が2割といったところ。『実話ナックルズ』のコアなファンと推測される方々が大半の様に思えた。
この日の出演者は、バーガー菊池(ナックルズ芸能デスク)、久田将義(元ナックルズ編集長)、岩橋健一郎(ヤンキー界の重鎮)、小林勇貴(新鋭映画監督)、踊る便所太郎(ネット配信者)、叶恵まそら(廃墟グラドル)の6名(敬称略)。そしてMCを務めるのはTHOGO(CPEキャットファイト代表)。ライブで見たい、熱と裏を感じさせる人たちばかりだ。
ここから怒涛のトークイベント『実話ナックルズナイトvol.1』が始まった訳だが、もちろん内容はオフレコ。外に漏れるとかなりマズい裏ネタを編集部員、ゲスト共に渾身のトークで披露してくれた。話す内容は話し手(ゲスト)によって異なる。芸能ゴシップ、殺人事件の真相、グラビア界の秘密、昔と今の不良少年、そして危ない金儲け……。どれも雑誌には絶対に載せられない内容の話ばかりだ。

完全密会?
ところでこの会場、全く電波が届いていない。もちろんこのご時世だ。スタッフやゲスト、関係者用にWiFiはあるはず。だがしかし、会場にはWiFiの有無を表記したものがなかった……。今夜は『完全密会』ということだろうか。最近では見たもの聞いたもの、何でもSNSにアップしてしまう馬鹿な奴も多い。電波が届いていないのは、SNSで裏情報を流出させないための作戦なのか? 今日話す内容が「外に流れると取り返しがつかない事になる」。という、ナックルズ側の判断なのだろうか……。

ヤンキー界の重鎮・岩橋健一郎
我々が取材に伺ったのは、この方の出演も理由の一つ。『i-Q JAPAN』は旧単車を専門に扱うウェブマガジンで、主に暴走族、旧車會の取材を全国規模で行っている。暴走族、単車、不良といえば『岩橋健一郎』が欠かせない存在なのは確かだ。そしてヤンキー界の重鎮はここ『ナックルズナイト』でどんな貴重な話を聞かせてくれるのか……。とても興味深いものがあった。

暴走族全盛期の秘蔵写真を公開!?
ヤンキー界の重鎮『岩橋健一郎』のトークが開始した。暴走族全盛期当時(70年~90年)の話を写真と共に紹介している。当時のファッションや喧嘩に至るまで、当時に起きた少年犯罪。自身の現役暴走族当時の写真も持ち寄り、昔と今では何が違うのかを一般の人たち向けに語っていた。当時の暴走族の写真を見せながら解説している訳だが、出てくる写真を見て驚いた。暴走族について毎日の様に触れている我々には、確実にアンタッチャブルであろうことが容易に想像できる当時の激レア写真ばかり。もちろんネットになんて流れている訳がない。暴走族を20年以上追い続けた『絶対的な存在』、だからこそ入手、公開できる代物なのだろう。

噂のナックルズガール
この日は『実話ナックルズ200号記念”神”グラビアオーディション』で見事グランプリを勝ち取った『叶恵まそら』のお披露目でもあった。ナックルズガール初の活動として現在、グラビア写真が10月号で掲載中。この日は水着姿でも登場し、ファンへの撮影タイムも設けていた。セクシーで見事なプロポーションに会場は大盛り上がり。やはりイベントには美しい女性は欠かせない。その後はトークに映移ったが、決して公開できない内容の話を嘘偽りなく正直に語っていた。

終演後、
会場の女性二人にインタビュー


まず、お名前からお伺いしてもよろしいですか?

飯田華子(左)と北村早樹子(右)です。

ご年齢は?

二人とも30代です。

今日はどちらから?

足立区から来ました!

今日の感想は?

普段では絶対笑ってはいけない話なのに、たくさん笑ってしまった(笑)。楽しかったです!

最後に一言お願いします!

私たちはヤンキー文化に憧れを抱いた30代の行き遅れ、そして足立区のラッパーです。リリックを鉄パイプに乗せて歌っています。実話ナックルズさん、これからも出版楽しみにしています。

軽々しく話しかけてしまったが、どうやらラッパーでアーティストだったお二人。しかも日本のヤンキー文化もプロモーションに取り入れているとのこと。アーティスト名は『IKAZUGOKE』。今回はCDを頂いたので近日中に改めて紹介したいと思う。


次回『実話ナックルズナイトvol.2』は??
初回は大盛況で幕を閉じたナックルズナイト。次回の告知が上がってたので紹介しよう! 会場は関西・なんば紅鶴(大阪)。vol.1は前売りチケットが即完売だったようだ。行くなら早めのチケット購入をお勧めする。現場でしか聞けない裏話、是非その目と耳で堪能してくれ。
↑↑チケット購入は画像をタップ


≪実話ナックルズナイトvol.1 出演者≫

実話ナックルズ編集部:公式Twitter , ミリオン出版

THOGO(CPEキャットファイト代表):Twitter , Amebaブログ , Youtube

久田将義(元ナックルズ編集長):Twitter , 東京BREAKING NEWS , 久田将義のニコ生タックルズ

岩橋健一郎(ヤンキー界の重鎮):Twitter , ヤンキー界の重鎮 公式ブログ , Facebook

小林勇貴(新鋭映画監督):Twitter , 『全員死刑』公式Twitter , 映画『全員死刑』HP

踊る便所太郎(ネット配信者):Twitter , Youtubeアカウント , ツイキャス ライブ配信

叶恵まそら(廃墟グラドル):Twitter , Instagram , オフィシャルブログ



▼関連動画













TOP