旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【銭儲け】早くも10倍の値が!! 旧車會の大好きな”プレミア級の当時モノ”の前兆! 漫画にモロ出し”男性器”が登場!! さすがに自主回収決定w【売切必至】

2018/03/06

COLUMN

旬ネタ&速報

様々なサービスも付けて売り上げを見込んでいた勝負の3月号が自主回収!! 早くもネットでは価格上昇の兆しも。コレは小遣い稼ぎにもってこい!?
コロコロコミックがやらかしてしまった……。

どんな不良もヤンキーも、少年時代に読んだ漫画は忘れないモノ。その意味でいえば、コロコロコミックは小学生ならほぼ誰もが通る道。思い出漫画ランキングでも、かなり上位に入るだろう。



出典:J-CASTニュース

そのコロコロコミックが、『あわや国際問題』の不祥事を起こしてしまった! 

3月号にに掲載された漫画『やりすぎ!!! イタズラくん』のキャラクターが、モンゴルの英雄チンギス・ハンの肖像に男性器の落書きをしているのだ。




出典:J-CASTニュース

当初は謝罪のみに留めるつもりだったようだが、騒動の大きさに驚いたのか、自主回収巣を決定してしまった!!

返品を希望する読者には、相当分を返金するという。

小学館は公式サイトで「『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました」と発表。返品を希望する購入者に対しては、定価相当を返金する。返金方法は、詳細が決まり次第サイト上で告知する。同社広報は販売中止の理由について「チンギスハンを敬愛する方々にあらためて深くおわびし、書店での混乱を避けるため」とした。


・ネットの声
「母国の英雄が漫画の中で落書きで笑い者にされたンだからそりゃ怒るよ」

「Google翻訳『東京のモンゴル大使館は、日本の外交を促し、許しを請う!あなたは死ななければならない!』なんかスゲえヤバそうなこと言ってる!」

「トレンドにモンゴル大使館があってまさかと思ったらそのまさかだった」

「モンゴル大使館が怒るのも当然。漫画の校正をしてる小学館の社員が悪い」

さらにTwitterも沸く。




ってコトは、こりゃ確実に幻の号になる!!

争奪戦も、すぐに始まるだろう。何年か寝かせて置いたら、いずれお宝になるのは必至の情勢だ。

これは見逃しちゃならん!

書店も回収するというから、何年か経ったら立派な「当時モノ」のできあがり!! できるだけ早めに入手した方がいい。


ヤフオクなどでは、すでにその予兆も……。





オークションサイトやフリマアプリでは、1000円台での出品もチラホラ。

なかには5000円台での出品も!!

元々は530円で売られていたコロコロコミックが、すでに10倍弱で出品されている。どうやらコトは一刻を争うらしい。


もし書店で見かけたら、即ゲットの案件だ。


ちなみに、このコロコロコミック3月号はベイブレードの全員サービス(申し込んだら誰でも購入できるスペシャルアイテム)も付いている。こっちもゲットしたら出品できるのでは?

参照元:J-CASTニュース
執筆者:モノ太郎

TOP