SUZUKI GSX&GT

【GSX250E】“仕様”じゃない“ヤラレ”のザリ。10年たつと外装塗装はどうなる?こうなる!

ここ10年くらいの間に、ひとつのジャンルを作り上げたといっていい“ヤラレ仕様”

自然に古びていったものではなく、この経年劣化を塗装や加工で表現していく仕様は、旧車會だけでなくほかのジャンルのバイク、四つ輪のカスタムの世界でも取り入れられているものだ。

ラメの代わりにサビを浮かせるカスタムは、センスや技術も必要になる。




では、仕様ではなく経年劣化だけだと、バイクの外装はどうなるのか?

それを実際に見せてくれるのがこちらのザリだ。

外装を塗ったのは、今から13~14年ほど前。しかもラッカースプレーを駆使した自家塗装で、クリアも自身で重ね噴きしたものだった。

それだけに劣化の具合が分かりやすい状態でもある。




全体的な黄ばみと塗装のひび割れ、ところどころに浮いたサビが実にリアル。こうしてみると、実際のヤレとヤラレ仕様はまた違うということがよく分かる。

もちろん、どちらがいいということではなく、嗜好性の違いだろう。ただ、角ヨーロピアンレンズの
ちなみにフルカウルは頂きもので数年前に装着したばかり。そのためタンクやフェンダーなどとは色味が少々異なるのも面白い。




茨城のばいくではないが、ハンドルは茨城の暴走族御用達だった県西ハン。三段シートは1メートル20センチ越えのお化け三段、いわゆる“バケサン”を装着。そしてこちらも年季を感じるマフラーがバイク歴の長さをより一層感じさせてくれる。

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GSX&GT

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN