HONDA CBX

【CBX400F】全国的にも珍しい昭和なカウルを装着した沖縄の“あの集団”のCBXがシブすぎた!

赤ソリの車体に「取扱注意」の文字。高度なパフォーマンスを行うことで知られ、最近では旧車會の枠を越えた活動を行っている沖縄のチーム。

GIMATAIの象徴ともいえるこの外装に、南国の鳥の頭のような飾りが付いた不思議なカウルと、“バケサン”を装着したマシン。これはいったい?


まずこのカウルだが、これは昭和のチャンプロード世代ならほぼ誰もが知っている「ヤマトカウル」

当時、こうした個性豊かなスタイルのFRPパーツを多数輩出し、チャンプロードの誌面にも広告を出していた北関東の某ショップのオリジナル・アイテムだった。


80年代の大ヒットアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の先端を模していることから付けられたネーミングで、「おお、懐かしい!」と感じる方も少なくないだろう。

当時はブチアゲの2段もしくは3段ロケットの最上部にセットされたりと、それなりの認知度とステータスを持ったカウルだったが、発売元でも生産を中止していることもあり、最近ではとんと見かけなくなっていた。


それがこの南国・沖縄で復活していることに、まず驚きだ。

オーナー氏いわく、本物から型を取って作成したコピーだというが、このカウルを装着していることに意味がある。実際、平成生まれの旧車乗りからは「存在すら知らなかった」と言われることも多いとかで、文化遺産としての価値もあるといえるだろう。


リアのエビテールもこのヤマトカウルとバランスを合わせて装着。卍の型抜きが双方に入っており、高さだけではなく見た目のバランスも整えられている。

さらに、そびえ立つような三段シートは約150センチ延長のお化け三段、いわゆる“バケサン”で、周囲に対するアピール度も抜群だ。


ただ、こうした装備もイベントや大規模なツーリングにのみ使用する“ハレの日仕様”だとか。フル装備の姿を目にする機会は滅多にない、レアな姿を拝めたのはラッキーだった。

ちなみに、オーナー氏はこのCBXでがんがんウイリーをキメる達人。この日は荒天でパフォーマンスを見ることは出来なかったが、来たる日のトリックプレイを楽しみに待ちたい。

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA CBX

Translate »

© 2023 i-Q JAPAN