【CB400T】パーツにまでこだわったバブがワルくて大人オシャレ!

2021/04/20

COLUMN

単車&暴走族関連記事

名門チームで育ったからには下手なことはできない、というプライドもあるだろう。細部にまで神経を行き届かせたバブの仕上げは、さすがエリートといったカッコよさを感じさせるものだった!
大名門・CRS連合所属のスペクターOBによるバブ。バブと言えば、男らしいワイルドな仕様がハマる数少ないばいくではあるが、こちらのバブは随所に手を入れ創意工夫を凝らした大人の旧車會仕様となっている。




ベースカラーはソリッドの赤と黒。80年代には4大メーカーすべてが自社の400㏄バイクに採用した赤×黒のツートンには、やはりどこか不良のイメージを強く感じさせるもの。外側に黒の縁どりがあるデザインは、車種を選ばずバイクをスタイリッシュに見せる。

そして、その黒ベースとなったサイド面にはオーナーの出自でもあるスペクターやCRS連合のロゴをペイント。三段シートもゴールドで、全体をこの3色でまとめ上げている。




その三段シートは1.3メートル延長のお化け三段、いわゆる“バケサン”。脇にそびえるエントツマフラーとも相まって、迫力はバツグンだ。

カウルはイノウエのフルカウル。ビタローニミラーや絞りのアップハンとのバランスもしっかり計算されているように感じさせる。




さらに特筆すべきは足まわりだろう。コムスターを残してバブらしさを出す方が多いなか、あえてのBEETキャストを採用。そしてタイヤは旧車好きの定番・TT100を履かせている。

フロントはトンガリフェンダー、リアは丸テールを装着して、ここでもバブの名残はあまり感じさせない仕様だ。

驚いたのは、このクオリティーのペイントが自家塗装仕上げだということ。撮影している限りでは、これだけ人目を惹くデザインが自家塗装だとは思いもよらなかった。


ただいまGSX250E&50点の旧車會アイテムをプレゼント中!

【賞品がスゴい】スマホに保存した画像を送るだけでGSX250E&超豪華賞品が当たるイベントはコチラ!!


▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【GS400E】派手さを取り除くことで個性が際立つ“引き算の美学”がかっこいい!

【工芸単車】アートなCBX400Fが真鍮の竹やりマフラー装着でプロミュージシャンとコラボだと⁉

【CB250N】この色そしてこのポーズ!モデルは昔懐かしの“アイツ”じゃないか?【バブ】

【CBR400F】Tiffanyレーシングのブチアゲ!旧栃参戦の裏側にはこんなドラマがあった

【XJR400】現役感たっぷり!夜の街道もお似合いの男前バイク【現行車】




▼バブ関連の動画をチェック!




執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP