【CB250T】悪さと奇麗さをバブでも両立できるのかの応えはここにあった!

2021/04/25

COLUMN

単車&暴走族関連記事

ホークの仕様は千差万別。どんな方向に仕上げていくこともできるし、それを受け入れてくれる懐の深さもある。それがバブの面白さであり大変さでもある。たとえばワルくて奇麗なバイクを目指したら? こちらはそれを目指したバブだ。
マジメなばかりでも面白くないし、かといって意図しない雑さは見ていて気持ちがいいものではない。

かつての暴走族スタイルのバイクに手間や時間をかけて、大人も楽しめるスタイルに仕上げていくのが旧車會仕様。そのバランスの取り方に個性が出るものだが、特にバブはどんな方向に振っていっても、基本的にはサマになってくれる。




だから風防にアップハンがベースになっていても、ロケットカウルでもフルカウルでもしっかりハマってくれる、改造ベースとしてはとても優れたバイクだ。

そしてこちらのCB250Tは、本人が「けっこうイジっています!」と豪語する手が込んだ仕様。白ベースにゴールドの縁が付いた紫の三本巻きは、どことなくスズキ車を感じさせるタンクのデザインがユニーク。 「HONDA」のロゴプレートはラインストーンでデコってある。





この白×紫が全体のテーマカラーになっていて、三段シートもハンドルグリップも、ホイールに至るまでそのコンセプトは貫かれている。さらにはコルク半の日章も白とムラメタで塗り分けられている。

統一感があるので、全体のまとまりはしっかり取れていて、だからこそラインの縁どりに入れたゴールドやコルク半の黄色いテープも際立って見える。





マフラーはバブの野太いサウンドを支えるダンガーニ管。当時物の貴重なマフラーだから、多少のヤレ具合はむしろ勲章だ。

ケツ上げしたリア回りには鉄メッキの6連ラッパに回転等を装着。さらにはクリアのサンパチテールに換装と、後ろ姿に関してはかなり現役感が強めなワルい仕上げになっていた。背面と言えば、三段シートの背面に貼られた、オーナー氏の出自と思われる「ブラックエンペラー」のステッカーもポイントだ。

さらに見どころとしては、タンクの下縁やシート下部のフレームなどに張り巡らされたLEDテープ。これはナイツーが楽しみになる!


ただいまGSX250E&50点の旧車會アイテムをプレゼント中!

【賞品がスゴい】スマホに保存した画像を送るだけでGSX250E&超豪華賞品が当たるイベントはコチラ!!


▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【CB250N】この色そしてこのポーズ!モデルは昔懐かしの“アイツ”じゃないか?【バブ】

【今さら人に聞けない旧車會】GSやGSXでよく見る“ダブルアンチ”って結局なんなの?

【CBX】純正ライクなラインが意外と高等テクニックを使って仕上げられている件

【RZ】再評価の機運高まる2ストの雄!完全旧車會仕様がグッとシブい!!

【カワサキらしさ】ゼファーだから許される⁉伝説バイクの香り漂う改造がヤバい




▼HAWK関連の動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP